息子にひげ剃りを教えるのは父親の役目

 







先日の書いた男子高校生の
ヒゲ脱毛についての記事。



↓↓↓

 





男子高校生がヒゲが気になるから
ヒゲ脱毛をやりたい!



そう思うのも今時の子ならではだな~
と思います。




で・・・、




その高校生に
『ひげ剃りは毎日剃っているの?』
と聞いてみると

『2~3日に1回です。』
という答えでした。





ヒゲが気になるならば
ひげ剃りを覚えるべきです。



毎日、ヒゲを剃って
肌が荒れてしまうならば

肌荒れをしない
ヒゲの剃り方を覚えればいいわけです。




それを通り越して
家庭用のヒゲ脱毛器に購入を考えるのは
順番が逆なのかな~?

と思います。




きちんとした歯磨きの仕方を知らないのに
電動歯ブラシを買っても使いこなせるのかな?

というのと同じですね。




私はひげ剃りは
父親がきちんと息子に教えるべきものだと
思います。






ヒゲを剃る前に
まずは洗顔をしましょう。





画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: person46-1-1024x724.jpg







そしてドラックストアで売っている
シェービング用のムースや
ジェルをつけます。




ただ、塗るのではなく
しっかりとすり込むように
塗りましょう。












(高校生のヒゲの薄い場合は
以下のヒゲを蒸す工程はは省いてOK!)






ここで濡らして絞ったタオルを
電子レンジに入れて1分間温めます。







温め終わったら
ヒゲの部分に当てます。






いよいよヒゲ剃り開始です。





剃る時には
ヒゲの向きに気をつけます。






ヒゲを剃っていていつも同じ場所から
血が出てしまう経験がある人は、

ヒゲの向きに逆らって剃っているので
鏡を見ながらチェックしましょう!






私の場合はヒゲの向きが
こんな風に生えていました。







↓↓↓












これは人によって生え方が違うので
よ~く観察してください。






アゴの所は下から上だけど、
のどぼとけの所は
下から上に生えているという人もいます。




そして次に、
ヒゲそり用のムースかジェルを
もう一度つけます。






ヒゲ全体に塗ります。






 

 

 

 

 

 

一枚刃よりは二枚刃、
二枚刃よりは三枚刃、三枚刃よりは五枚刃の方が
お肌を守る力が高いです。






ここでヒゲの方向を
もう一度確認してください。






生えてる方向に逆らわないように
上から下に剃ります。














続いて横に剃ります。












ヒゲの濃い方はここでもう一度
電子レンジで温めたタオルで
ヒゲを蒸してください。







剃っている間にヒゲが元に戻って
硬くなってしまうからです。







もう一度蒸すことにより
先ほどよりもさらにヒゲが柔らかくなります。






そして再びクリームを付ける。
次に逆剃りをする。



逆剃りとは、読んで字のごとく
生えている方向に逆らうように・・・。











つまり



ヒゲが生えている方向が
こうだとしたら下から剃ります。





 





こうすることで
ヒゲがつるつるになります。






ただこのように剃って痛い場合は、
先ほどから話しているやり方が
きちんと出来ていないか

元々、お肌が弱い可能性が高いです。




そういう方は逆剃りはしないで
上から剃ったら
次は横から剃るだけにしましょう!





いかがでしょうか??





大切なポイントは

○ ヒゲを剃るまでの工程

○ ヒゲの向きを把握する

この二つです。






実際、このことが出来ていれば、
3枚刃だろうが5枚刃だろうが
道具はなんでもOKです。





これでヒゲの剃り方の説明はは終わりです。





と言ってもこれで終わりではなく


この後、


水分補給~化粧水をつける
油分補給~乳液をつける



この2つをセットで
行うことが大切です。




ここまでを
息子さんに伝えて欲しいです。





きちんとした知識がないと
肌荒れを起こしたり
高額な機器を購入したりすることがあります。




『知っていれば・・・。』

なんてことがないように
息子さんが高校生のうちに
きちんと伝えてあげて下さい。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。