いよいよ持久走大会スタート!

こんにちは、たかひこです。



今日は長男の通う小学校の
持久走大会の日。


この日に向けて
親子で練習してきました。

今回の目標は『2位』
長男と話し合って
2番を目指すことにしました。


目標に向かって努力することを
知ってほしい!






そんな想いから

毎回、早朝5時半から
一緒に走り続けてきました。



1カ月以上前から
準備をしてきただけに
父としても緊張の時間でした。



いよいよスタート♬

楽しそうに笑顔でスタートを待つ長男




スタート時は出遅れる長男。


この時は8~9番目くらい。



200メートルを走るころには
6~7番目に順位を上げました。



今回の持久走の距離は
600m。



これまで3000mの距離や
800mなどのタイムトライアルに加えて

早く走るための走法や
インターバル走など
訓練してきたので


ここから追い上げられると
オレは確信していました。



『目標は2位!』
長男と設定していたオレですが、

オレの勘だと
3位が妥当だと考えていました。


なので

その考えもあって
1つ上の壁を与えようという
オレの作戦でした。


400m通過することには
5~6番目。


思ったより遅い順位・・・。



ラスト200mで
どこまで順位を上げられるか?





結果は5位でした。




目標には及びませんでしたが
よく頑張りました。


よくぞ、早朝から
オレについてきた!
と褒めてあげたい!




と、始まる前は
長男に言うつもりでしたが
今回は辞めました。





それは・・・。



長男が手を抜いて走ったからです。




いつも一緒に走っていたからこそ
分かる今回の長男の走り。




200m通過の時点でオレは
『コイツ💢!!』
と思っていました。



笑顔で走ることと
ニヤついて走ることは
違います。


他人には分からなくても
オレにはすぐに分かりました。




なので


オレの前を通過する時に

『遅い!!!!
もっとイケる!!!』

まわりの父母が引くぐらい
大声をあげて
長男を鼓舞しました。





でも、長男の走りが
変わることは
ありませんでした。









結果、全力を出し切れず
終わりました。


まわりの子が
苦しそうな表情をしている中

長男の表情には
余裕があるようでした。



全力を出したならば
長男には言わないですが

正直、オレは何位でも
良いと思っていました。



目標には及ばなくても…。







帰宅後


『何やってんだ!
バカ野郎!!!!』

と、昔のオレならば
言うところですが、


言葉を飲み込み、
今夜は静かに話そうと
思います・・・。








つづく。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です