漁師のお話。

今日はメキシコの漁師のお話。


とあるメキシコの田舎町。
海岸に小さなボートが停泊していました。



メキシコ人の漁師が
小さな網に魚を捕ってきました。


その魚はなんとも活きがよく
それを見たアメリカ人旅行者は、

「すばらしい魚だね。
どれくらいの時間、漁をしていたの」

と尋ねました。



すると漁師は
「そんなに長い時間じゃないよ」
と答えました。


旅行者が
「もっと漁をしていたら、
もっと魚が獲れたんだろうね。
おしいなあ」

と言うと、

漁師は、
『自分と自分の家族が食べるには
これで十分だ』
と言いました。


「それじゃあ、あまった時間で
いったい何をするの」

と旅行者が聞くと、




漁師は、
『日が高くなるまでゆっくり寝て、
それから漁に出る。

戻ってきたら子どもと遊んで、
女房とシエスタして。

夜になったら友達と一杯やって、
ギターを弾いて、歌をうたって…
ああ、これでもう一日終わりだね』




すると旅行者はまじめな顔で
漁師に向かってこう言いました。

「ハーバード・ビジネス・スクールで
MBAを取得した人間として、
きみにアドバイスしよう。

いいかい、きみは毎日、
もっと長い時間、漁をするべきだ。

それであまった魚は売る。

お金が貯まったら大きな漁船を買う。
そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。

その儲けで漁船を
2隻、3隻と増やしていくんだ。



やがて大漁船団ができるまでね。
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。

自前の水産品加工工場を建てて、
そこに魚を入れる。

その頃にはきみは
このちっぽけな村を出て
メキソコシティに引っ越し、

ロサンゼルス、ニューヨークへと
進出していくだろう。




きみはマンハッタンのオフィスビルから
企業の指揮をとるんだ』



漁師は尋ねました

「そうなるまでに
どれくらいかかるのかね」


旅行者
「20年、いやおそらく
25年でそこまでいくね」

漁師
「それからどうなるの」

旅行者
「それから? 
そのときは本当にすごいことになるよ」

と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、
きみは億万長者になるのさ」



「それで?」



「そうしたら引退して、
海岸近くの小さな村に住んで、
日が高くなるまでゆっくり寝て、

日中は釣りをしたり、
子どもと遊んだり、

奥さんとシエスタして過ごして、
夜になったら友達と一杯やって、
ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。

どうだい。
すばらしいだろう!」



「それじゃぁ~、
今と変わらないね…。」




自分は何のために働くのだろう?




お客さまが増えても
お店を大きくしたいというような
気持ちは一切ない。



28歳の時、
たった一人のお客さまのために
自分のすべてを尽くせる空間を
創ろう!



自分の持てる技術を駆使して
お客さまをカッコよくしたい!


お客さまの息子が
『オレのパパはカッコイイだぜ!』
と、自慢したくなるような
そんな父親をゲインから送り出そう!


そう想ってゲインを
創りました。




お客さまがどんなに増えても
今のこのスタイルを変えることは
ありません。





今日、いつもより早く
お店を閉めました。


そんな夜にゲインを作った原点を
思い出しました。


それではまた明日。

ゲインのインスタグラム

↓↓↓

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 20161117instagram.jpg です




初めての方へ(ご予約について)

現在の予約状況

予約状況の上手な使い方

ライン予約

時間外コース

キャンセル待ちについて

薄毛でお悩みの方に




【プロフィール】

ゲインオーナー
佐藤陽彦(さとうたかひこ)



過去50店以上ヘアサロンを渡り歩いた
お客様に言われた言葉。

『ここで切ってもらったら
他には行けない!』

と、口コミするお店。



それが茨城県北茨城市にある
バーバーショップゲイン。


おしゃれとは無縁で
過ごした野球部時代。

短い髪でもバランス一つでここまで
カッコよくなるんだ!って知りました。

そんな経験を少しでも多くの人に
感じてほしくてヘアデザインを学びました。



男性専門にのべ5万人以上の髪を
扱ってきたからこそ

美容室とは絶対的にちがう
バーバースタイルを提供します。

BARBER SHOP gain
(バーバーショップゲイン)

【住所】
茨城県北茨城市磯原町木皿911

【ご予約】
090-8857-3883

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です