くせ毛と縮毛矯正の勘違い

 

 

縮毛矯正について
質問があったので
今日は書いてみようと思います。




パーマのお客さまの数ほどではないですが
男性でも縮毛矯正をかける方はいます。





縮毛矯正というのは
くせ毛を真っ直ぐに伸ばすメニューのことです。



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: aa04b97f65e3ed448d48f99436955818.jpg







ちなみにくせ毛というのは
髪が曲がっているクセのことです。


わりと勘違いしているのが
髪の生え方で立って生えていたり
寝て生えているのを

『オレってくせっ毛だから~』
という方がいますが

それは間違いです。



なので



髪の生え方に関しては
縮毛矯正をやったところで
変わりません。









そしてもう一つ
お伝えしたいことがあります。






縮毛矯正を定期的にかけていると
髪が傷みます。





そこで次に目が行くのが
シャンプーやトリートメントなどで
対応しようとします。



これがある意味間違い!




シャンプーやトリートメントで
変わるのは
せいぜい手触りだけです。



それよりも
もっと大切なことがあります。




それは縮毛矯正の時に使う
薬剤の使い方。




薬剤が強すぎれば・・・、
髪は傷む。



反対に



薬剤が弱すぎれば
クセは真っ直ぐにはならない。





美容師さんは
かかってないのが怖いから
(真っ直ぐになっていないのが
怖いから)



強めの薬を使ってしまう。




強めの薬を使って
髪を傷ませて・・・、

『このトリートメントは
毛髪補修成分が・・・』

とか言い出す。




お客さまに合わせて
最低限の強さの薬を使った上で

初めて適切なシャンプーや
トリートメントを選ぶ意味があります。




また、薬の選び方だけでなく
薬の付け方も大切です。





髪が長い場合は
薬の塗り分けもやりやすいですが

髪が短い場合は
薬の塗り分けが難しい・・・。



でも、


こういうことを
手間に感じたり

もしくは

塗り分けする技術もない美容室が


お客さまの髪を傷めるだけ傷めといて
シャンプーを売ろうとするのが
私はおかしいと思います。





縮毛矯正はとても時間のかかるメニューです。




ゆえに美容室は
少しでも早くやろうと
手間を減らし
時間を削ろうとします。



ゲインの技術は
上手だとは思っていません。


ただし基本に忠実だとは
思っています。




縮毛矯正以外の
カットやお顔そり、シャンプーも
みんな同じです。



時間や手間を惜しまず
基本を大切にしています。



何の仕事も同じですよね!(^^)!



それでは、また明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。