なぜやるの?子供がスポーツをやる理由。

バーバーショップゲインは
茨城県北茨城市にある
男性の髪を専門に扱う
ヘアサロンです。

 

美容室では難しい、
または苦手とする
メンズカットを得意としています。

刈り上げはもちろん
最近流行のフェードカット、

スキンフェード、
七三(シチサン、しちさん)、

 

マッシュ系のスタイル、
パーマスタイル、
アイロンパーマなど

理容師の技術と
美容師の技術を

融合させた技術を使いながら
お客様に施術致します。

 

初めての方はこちらを
読んでください。

↓↓↓

①ゲインはこんなお店

②プロフィール

③ご予約について

↑↑↑

 

 

こんにちは、たかひこです。

 

 

今日のブログは
お仕事とは関係のない
子育てについての内容なので
スルーして下さってもOKです(^^♪

 

 

小学校1年生になって
お客様から次々と聞かれるのが

 

↓↓↓

 

お客様

『息子さんって、
何か習っているんですか?』

 

とか

 

『何か習わせるんですか?』

↑↑↑

 

 

という質問。

 

 

 

オレが野球をやってきた
ということを
知っている方は、

 

 

 

『やっぱり、
野球をやらせるんですか?』

 

と。

 

 

最近のスタンダードは
小学生の低学年から
始めるのが多いようですね。

 

 

スポーツ少年団の
参加率のデータを見てみると、

 

小学生全体の内、
スポーツ少年団に入っている
小学生は

 

全体の2割。

 

 

 

 

それほど多くはないんですね。

 

 

 

 

オレ自身、
小学生の時に野球をやって
いて感じたことは、

早く始めた方が良い!

 

 

 

ということ。

 

 

 

 

小学校低学年から
始めた子供と、

 

高学年から始めた
子供とでは

 

同じ身体能力
であれば

 

早くから始めた方が
小学生のウチは結果は
良いということ。

 

 

 

 

ただ、その差は
中学、高校と
年齢が進むにつれて
埋まるのだが・・・。

 

 

 

 

 

ほとんどの
子供たちの親は

 

将来、そのスポーツの
プロとしてやっていかせよう
と思ってやらしているわけでは
ないと思う。

 

 

 

○ 本人がやりたい!と言うから。

○ 親がやらせたくて。

 

こんな理由が大半だと思う。

 

 

 

我が家の息子たちも
身体能力を見ている限りでは
プロスポーツ選手になることは
ない。

 

 

同じクラスでかけっこをしても
下から何番目というレベルなので(^^♪

 

 

 

でも、

 

 

何かをやりたいと
というならば、

 

 

親が出来る範囲ならば
やらせたいと想う。

 

 

なぜならば

勉強だけでは
学べないことを学ぶのが
スポーツだから!

 

 

心を鍛える上で、
体を鍛えるために
スポーツを通して
学ぶのは良いことだと
想う。

 

 

さて、

 

我が家の長男は
何かをやりたいと
いうタイプではない。

 

 

親が

『何かやりたいこととか
ないの?』

 

と聞いても

 

長男

『ぬりえ!』

『戦いごっこ!』

 

というぐらい。

 

まぁ、ほんとに
ぬりえは好きなので
よく集中してやっているので
それはそれでいいのだが・・・。

 

 

ただ、

 

子供の目線と
親の目線は違うので

 

親が子供に対して
出来ることは、

 

その入り口に
立たせてあげること

 

 

ではないかと思う。

 

 

何事にも
消極的な息子に

 

 

『野球やってみるか?』

『サッカーやってみるか?』

『体操やってみるか?』

『ピアノやってみるか?』

『スイミングやってみるか?』

『習字をやってみるか?』

 

 

と何を聞いても

 

『やらない』

の一言。

 

 

 

今までは
やりたくないなら・・・。

 

本人が
言わないのならば・・・。

 

 

そう想っていたのだが
ちょっと思考を変えて、

 

とりあえず、

 

一度体験させて
それで嫌ならば
それでOK!

 

 

そんな風に
考えた。

 

ただ、

 

何事にも消極的な
息子にどう伝えれば
体験の場に行く気になるか
難しい・・・。

 

そこでオレは
こう言った。

 

↓↓↓

 

たかひこ

『○○ちゃん(長男)は
ゆり組(保育園の年長のクラス名)
の時にやったお泊り会のこと
覚えているかな?』

 

長男

『うん、覚えているよ!
楽しかった(^◇^)』

 

 

たかひこ

『そうか、
それは良かったね。

またやりたいかな?』

 

 

長男

『またやりたい!』

 

 

 

たかひこ

『そうだね。

でもさ~、
○○ちゃん(長男)が

すみれ組(年中の時のクラス名)
の時は、

 

お泊り会は嫌だ!
行きたくない!

 

って言ってたよね?』

 

 

 

長男

『うん、言ってた。
覚えている・・・。』

 

 

 

たかひこ

『そうだね。

すみれ組の時は
嫌だって言ってたけど、

 

ゆり組になって
実際にやってみたら
楽しかったんだね。』

 

 

 

長男

『うん、楽しかった!』

 

 

 

 

たかひこ

『それと同じように
やる前は嫌だって思っていても

実際にやってみたら
楽しいこともいっぱいあるんだよ。」

 

 

 

長男

『そうなの?』

 

 

たかひこ

『そうだよ!

だからさ、

 

これからはなんでも
一回はやってみたら?

 

それで嫌なら
やらなくて良いし、

 

またやりたいって思ったら
やれば良いしね。

 

どうかな?』

 

 

 

長男

『うん、やってみる!』

 

 

 

たかひこ

『そうかぁ~、
じゃぁ、お父さんが
いろいろ探してみるから
行ってみようね!』

 

 

 

長男

『うん!』

 

 

というわけで
まずはこれに申し込みを
してみようと思います。

 

↓↓↓

↑↑↑

 

以上

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

現在の予約状況はこちら。

予約状況

 

 

ライン予約はこちら。

ライン予約について

 

 

薄毛でお悩みの方へ

↓↓↓

 

薄毛に悩む男性へ伝えたい薄毛治療の最前線

 

 

 

BARBER SHOP gain
(バーバーショップゲイン)

【住所】
茨城県北茨城市磯原町木皿911

【ご予約】
090-8857-3883

【定休日】
毎週火曜日、第1.3月曜日

【ホームページ】
http://barbershopgain.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です