シャンプーソムリエが教えるシャンプー剤の選び方⑮トップのボリュームがペタンとしていませんか?

茨城県北茨城市の理容室
バーバーショップゲイン。

男性の髪を専門とした
マンツーマンサロンで
あなたの魅力を引き出します。

 

フェードな刈り上げ、七三(シチサン)、
パーマ、アイロンパーマ、お顔そり、
美容室が苦手とするような
メンズカットに特化したヘアサロンです。

 

 

こんにちは、たかひこです。

 

先日から続いている
シャンプーソムリエが教える
シャンプー剤の選び方シリーズ、

 

今日は15回目です。

 

前回の記事。

 

↓↓↓

 

シャンプーソムリエが教える⑭トリートメントのつけ方

 

前回はトリートメントは
頭皮につけないように!
というお話でしたね。

 

今日はトリートメントをつける場合、

重くなるトリートメントと
軽いトリートメントがあるという
お話をしましょう!

 

 

お客様の髪を触っていると

『もったいないな!』

 

と思うことがあります。

 

 

 

それは

『トリートメントのつけすぎ』です。

 

シャンプーの後にトリートメントが必要と
思っている方は多いです。

 

しかし、

 

カラーやパーマ、
それに白髪染めもやっていないのに
トリートメントは必要ないんですよ。

 

というのは先日のブログでも
お話しましたね。

 

その時の記事はこちら。

 

↓↓↓

 

そのトリートメント必要なの?

 

↑↑↑

 

 

 

で、

 

トリートメントですが

 

トリートメントには
質感として

 

サラサラになるタイプと
しっとりするタイプがあります。

 

しっとりするというのは
言葉を変えると

 

『重くなる』
ということです。

 

 

髪が細かったり
軟らかかったりという髪質で、

 

出来るだけふんわりさせたいのに
トリートメント選びで
損をしてしまっている場合があります。

 

 

基本的に
トリートメントは、

 

シャンプー後のギシギシ感がある場合に
なめらかになるために使います。

 

なので

サラサラタイプのトリートメントで
充分なんです。

 

商品のパッケージに
『しっとりタイプ』とか『サラサラタイプ』
と書かれていたら、

 

『サラサラタイプ』の方が
軽い仕上がりになるのでおすすめですよ。

 

 

シャンプーのメーカーと
トリートメントのメーカーが
同じメーカーを使おうとする方は多いです。

 

しかし、

 

 

必ずしもそうする必要はありません。

 

 

適材適所で必要な髪に
必要なだけ与えてあげればいいわけです。

 

今度、トリートメントを購入する時は
そんなことを視野に入れて
選んでみてはいかがでしょうか?

 

 

というわけで本日はここまで。

 

また明日!

 

 

本日も最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。

 

 

現在の予約状況はこちら。

予約状況

 

 

ライン予約はこちら。

ライン予約について

 

 

 

 

 

BARBER SHOP gain
(バーバーショップゲイン)

【住所】
茨城県北茨城市磯原町木皿911

【ご予約】
090-8857-3883

【定休日】
毎週火曜日、第1.3月曜日

【ホームページ】
http://barbershopgain.com

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です