パーマの時に大切なこと~①どんなカールが良いのかな?

 

 

昨日のブログ。


↓↓↓



 

↑↑↑



前回のブログはピンパーマ
というパーマのお話でした。



その中で



ピンパーマをかければ
良いってもんではありません。





ポイントは3つ!




①どんなカールをつけるか?

②どんなパーマの薬を使うか?

③どんなカットをするのか?



この3つが出来ていないと
スタイリングが簡単で

他人から『カッコイイね!』
と言われる髪型にはなりません。





ということを
お伝えしました。





そこで今回は、1つ目の
どんなカールをつけるか?』について
お伝えします。




具体的な例で説明をします。





 

例えばお客様に
『こんな髪型をやりたい!』
と、オーダーを受けたとします。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





で、






お客様さまの髪が
こんな素敵なカール感のある

くせ毛の持ち主ならば良いですが
そんなことはめったにありません。








では、
どうすれば良いのでしょうか?





 

 

 

こちらをご覧下さい。


 

↓↓↓















 

 

↑↑↑





上の二つの写真は
先ほどのヘアスタイルの写真を
やりたいというお客さまを想定して

実際に私が
カットしたものです。

 






もちろん、





長さやバランスを考えて
カットしてあります。



 

 

 

でも、






これだけでは
写真とは違いますよね?






 

決定的に違うのは・・・?

 







 

はい、そうです!







カール感ですね(^_^)






 

 

 

 

 

 

↑↑↑




こんな素敵な髪型にしたいと
オーダーした方は

このカール感が欲しくて
言ったのだとしたら・・・。











↑↑↑



これでは長さは似ているかもしれないが
同じ髪型とは言えませんよね。

 

 

 

 

そこで必要になるのが
カールをつけることです。

 

 

 

すなわちパーマですね。

 

 





というわけで
パーマをかけましょう!
という話になります。

 






 

一口にパーマをかけるとは
言っても

どのようにしてパーマを
かけているのか

お客さまは分からない
と思います。

 






そこで今回は
私がパーマをかける時に

実際にどのように考えて
技術を行っているのか
というお話をします。




 

 

 

では、




もう一度先ほどの
写真を見てみましょう。


 

↓↓↓



 









 

 

これを見て
どのくらいのカールがあるかを
具体的に見ていきます。




 

 

 

具体的にはこうです。



 

 

下の写真を見てください。

 

↓↓↓

 

 

 

 

前髪に白い線がありますよね。

 

 

この白い線は前髪に
このくらいのカールがついているよ!
というのを表した線です。



 

 

次にこちらを見て下さい。

 

↓↓↓

 

 

上の写真の中にある前髪の
白い線はまっすぐです。




 

 

ここにこんな
カールをつけるには?






↓↓↓




 

 

ここで出てくるのが
パーマのウェーブ効率です。




 

 

少し難しくなりますが
分かりやすく説明するので
読んで頂ければと思います。

 

 

 

ウェーブ効率というのは
ロットを一回転巻いた時に出来る
カールの大きさのことです。



短髪パーマ攻略!ワインディングの基礎をしっかり習得して実践に活かす






ワインディングの基本 | 高円寺/阿佐ヶ谷の美容室STYLES

 

 

 

 

このように髪の毛を
パーマをかけるときに使う

ロットに巻いた時に
どのくらいカールが出るかを
考えるわけです。

 

 







もう少し具体的に
見てみましょう。

 

 

 

一周を100とすると・・・、




IMG_20170425_120839912.jpg

 

 

半分は50ですよね。



 

 

 

つまり・・・、

 

 

IMG_20170425_120839765.jpg

 

パーマをかけたときに
このくらいのカールがついていたら
50%とということです。

 

 

 

そこでもう一度
この写真に戻ってみましょう。

 

 

↓↓↓

 

 

 

この前髪のカールを
今の理論に当てはめると
30%になります。



 

 

 

というわけで




この前髪はロットに巻いた時に
30%かかるパーマ液を
使えば良い!




ということになります。






 

 

 

同じような考え方で
他の部分を見てみましょう。

 

 

↓↓↓

 

 

 

 

 

このように求めたいカールによって
薬を変えます。



 

 

ちょっとここで気になる所が!




この部分です。




↓↓↓



 

 

 

この赤い円で囲った部分!

 

 

他の白い線と形が違いますよね?




 

ここの赤い円の中の白い線は
アルファベットの
『S』みたい
。。

 

 

 

この場合に必要なのが
先ほど出てきたロットという
道具なのですが、

 

 

このロットを何回転
巻くのか?

という所がポイントです。

 

 

1回転巻くのか、

1回転半巻くのか、

 

 

2回転、2回転半、3回転・・・。

 

 




 

ただ単に



薬の強さだけでなく
ロットの回転数も
大事なんですよね(^_^)

 

 

 

 

 

そんなことを考えて
ロットを巻いていきます。

 

 

↓↓↓

 

 

 

 

しかし!!



これだけではありません!






 

パーマをかける時には
まだまだ重要なことがあるんです。





 

 

 

それは
パーマ液の強さです。





つづきは
明日のブログにて(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。