フィジークにスキンフェードで臨みます!






フィジークの大会前の
最終仕上げにやってきた
今回のゲスト。






今回のヘアスタイルは
前回とはひと味違ったスタイルで
挑むという。




一体、どんなスタイルなのか・・・?




このブログの作者は



このブログの責任者の
佐藤たかひことは

『カッコイイ父親を創る!』
これをビジョンに

『もう年だから・・・』と
あきらめている父親たちの
本来の魅力を引き出します。

予約が1ヶ月以上先まで埋まり
200km以上離れたところから

『ここに来たら他には行けない!』
とお客さまに言わせる
息子から憧れられる父親を創るプロデューサー

佐藤たかひこです。






フィジークとは・・・?



フィジークというのは
ボディビルダーとは違って

鍛え抜かれた肉体全体のバランスの
美しさを競い合う競技らしいです。

そんなフィジーク。


筋肉の美しさだけでなく
服装や髪形も大切!



要はいかにカッコイイ男か!
というのがポイント。







前回の大会はこの髪型。





今から数カ月前にも
フィジークの大会で
優勝をしたときは
こんな髪型でした。



↓↓↓






今回はスタイルを
大幅に変えて挑みたい!
と、こちらの画像を見せてくれました。



↓↓↓






さぁ~今回は
どんな仕上がりになるのか?



楽しみです!(^^)!







クルーカット×スキンフェード







それでは、今回の仕上がりです。





どうぞ~♬





↓↓↓




おお~!



攻めましたね~!(^^)!





サイドからバックにかけては
限界の高さまで入れた
スキンフェードスタイル。



















前髪からトップにかけては
ジェルやグリースで
ギリギリ寝るくらいの長さで設定。



また、


前髪は生え際を独特なタッチで
切り込んでいます。











いかがでしょうか?



今回の髪型は
スキンフェードの中でも
かなり上まで入れました。




ただ、上まで入れれば入れるほど
難しさが増すんです。




その難しさとは
カットの難しさというよりも

お顔への似合わせであったり
今回のゲストが求める輪郭のことです。




分かりにくいので
くわしく解説をします。








今回のゲストは
サイドのハチ部分が

かなりふくらんでいる
頭の形の持ち主。




加えて


ふくらんでいる上の部分は
反対にへこんでいるという
超難題な頭の形・・・。









こういう頭の形を
普通にカットすると

ひょうたんのような
イケていない髪型になってしまいます。













そのため

凹の部分をできるだけ
残しつつ、

凸の部分をできるだけ
短くするという具合に
カットするわけです。




これが長めの刈り上げならば
長い分だけ凹の部分に
髪を残しやすいのですが

今回は極めて短いこのスタイル。









オレの心境は
まさに『綱わたり』の心境(>_<)

















そんなわけで
仕上がった今回のスタイルで
明日、大会に挑むそうです。











前回の優勝をした時よりも
身体を仕上げました!


という今回のゲストが


帰り際にこう話されていました。





ゲスト
『今回、一番の仕上がりはこの髪型です。
ありがとうございました!!』



と言って
帰られました。





自分に打ち勝つことで
手にする身体。



オレには決して真似できない
境地にいる彼を尊敬します。




ハイレベルな大会を
本番では楽しんでほしいです。



それでは、また明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です