予約が取りにくい場合は2つに分けても良い

 

 

高野連が『継続試合』を導入検討
しているようです。


↓↓↓

【甲子園】高野連が「継続試合」導入検討

 



今年の甲子園は『雨』の影響がすごく強い。



降雨ノーゲームというのは

野球やソフトボールで
途中、コールドゲームとなった試合のうち、

終了回数等の理由により
正式試合の成立の条件を満たしていない時に
主審が宣告するもので

ノーゲームが宣告されると、
その試合の全ての記録が無効となり、
そのまま無効試合となってしまうんです。



高野連はそんなノーゲームの規定を
今後見直して
中断した続きから再開させる
『継続試合』を検討しているという話ですね。




高校球児にとって
できるかぎり悔いのない形を
とってほしいと思います。





そんな継続試合で
今回考えたことがあります。




それが『継続メニュー』の導入です。





例えばこんなことはありませんか?




予約をする時に
今回は『カットとパーマをかけよう!』
そう思ったけど

あれっ!思っていたより
予約が埋まっているぞ!


ちょっと今回はパーマの予約は
取れないかな~』


なんてことはありませんか?



そんな時に私が今回考えたのは
カットをした日から2日以内ならば
別日でもパーマのみの予約を受けるということです。




私が考えの基本は
パーマをかける場合は
パーマを考えたカットをします。


なのでカットだけで終わらす時と
パーマをかける時とでは
カットの仕方が違うという事です。




ご予約をされる時に
『予約が取れないのでカットとパーマを
分けて予約をしたいです!』
と申告があった場合のみ
受け付けます。


もちろん
朝カットだけして夜にパーマという

同じ日に時間を分けるというのも
可能です。

予約が取れない場合は
こんな方法もアリですよ~!
というお話でした。


それではまた明日。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です