個人事業主は大変、会社員は楽というのはウソ!?




ひとりサロンという
小さな業態ではありますが

お店を営んでいますと
会社勤めの方に
こんな言葉をいただきます。

『個人事業は大変ですよね~』

『会社員の方が楽ですよ。』


私はこの言葉は
半分はその通りで
もう半分は違うかな~
と感じています。



というのは

『個人事業』というのは
確かにやることは
いくらでもあるので

やってもやっても
終わらないなんていうのは
日常茶飯事ですww





しかし


個人事業主というのは
ある意味
楽をしやすい立場とも
言えます。







このブログの作者は

 

このブログの責任者の
”さとう たかひこ” とは

『カッコイイ父親を創る!』
これをビジョンに

『もう年だから・・・』と
あきらめている父親たちの
本来の魅力を引き出します。

予約が1ヶ月以上先まで埋まり
200km以上離れた所から通うお客さまに

『ここに来たら他には行けない!』
とお客さまに言わせる

息子から憧れられる父親を創るプロデューサー

佐藤たかひこです。








ひとりサロンという
小さな業態ではありますが

お店を営んでいますと
会社勤めの方に
こんな言葉をいただきます。

『個人事業は大変ですよね~』

『会社員の方が楽ですよ。』


私はこの言葉は
半分はその通りで
もう半分は違うかな~
と感じています。



というのは

『個人事業』というのは
確かにやることは
いくらでもあるわけで

やってもやっても
終わらないなんてていうのは
日常茶飯事ですww





しかし


個人事業主というのは
ある意味
楽をしやすい立場とも
言えます。


どういうことかと言いますと




会社であれば
上司がいて

いつも自分に対して
目を光らせているので

仕事の内容や期日など
厳しくチェックを受けることでしょう。



しかし

自分で仕事をしていると
期日は自由ですし

楽をしようと思えば
いくらでも出来てしまいます。

なので

ついついぬるま湯に
浸ってしまいやすいと言えます。




『ゆでガエルの法則』を
ご存じでしょうか?



2匹のカエルを用意して
1匹のカエルには
熱湯の入った桶へ。

もう一方のカエルには
水の入った桶へ。
それぞれ入れます。


水の入った桶は
少しずつ温度を
高くしていきます。



熱闘の桶に
入れらたカエルは

当然のごとくびっくりして
すぐに飛び出します。


しかし、

これが水の中に
カエルを入れて

その状態から
沸かしていくと、

カエルは温度の変化に
気づかず、

やがて気がついた時には
そのお湯から抜
け出せなくなって

やがては茹であがって
死んでしまいます。




このお話と同じように
ぬるま湯につかっている
経営者は

会社がゆっくりと
傾いているのにもかかわらず
気づかないことが多いものです。

また気づいても
そのスピードがゆっくりな為、

すぐには動かないことが
多いです。




そんな人間の弱い部分に
いくらでも入ってくる
『怠惰』な性質。



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: images-38.jpeg



なので


私は定休日には
3時間かけて
お店を掃除をします。











自分の心を磨くことは
出来ませんが

お客さまをお迎えする
お店を掃除をすることで
心を整えることは出来ます。




心を整える。




さぁ~明日も満員御礼!


キレイになったお店で
明日もカッコイイ男を創ります。


それでは、また明日。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。