初めてのカラーリング時に絶対に注意してほしい大切なこと!

今日のブログは
カラーリング&白髪染めのお話。




高校を卒業して
『髪の色を変えてみよう!』
と、思う方もいるでしょう。


白髪がチラチラ出てきて
『白髪染めをしよう!』
と、思う方もいるでしょう。



カラーリングや白髪染めに興味はあるけど
実際にどうしていいか分からない…。

そんなあなたに今日から少しずつ
お話をしていきますね。

自分の体質を知ろう!


カラーリングや白髪染めで
一番怖いのが『かぶれ』です。

かぶれとは
カラーリング時にカラー剤と
あなたの体質が合わないために
起きるアレルギー反応のことです。


注意!

ここから先は
気分を悪くなる可能性があるため

敏感な方は読むことを
ご遠慮願います。



カラーリング時に
カラー剤の薬とあなたの体質が
合わない場合、

このような反応が起こる可能性が
あります。




カッコよくなるために
カラーリングを行ったのに

こん風になったのでは
嫌ですよね?


だからこそ
正しい知識を持っていただきたい
と思います。


カラーリング時における
『かぶれ』は肌が少し荒れる
というような単純なことではなく

ひどい場合は
アナフィラキシーショックを起こして
死亡する可能性のあるお話です。


そうならないために
どうするべきか?

そのお話をします。



カラーを初めて行う場合
『パッチテスト』を行う必要があります。


パッチテストとは
カラーをやっても
あなたの体質が大丈夫かどうかを
確認するものです。



カラーを行う前に
あなたのヒジの内側部分に

少しだけカラー剤を
塗ります。



この状態で24~48時間
放置して


赤くなったり、
かゆくならなければOK!

カラーリング時における
アレルギーはないです。


この時に赤くなったり
かゆくなった場合は

通常のカラーリングは
出来ないのでご注意ください。


(通常のカラーは出来ないだけであって
方法がないわけではないので
気になる方は担当の美容師さんに
聞いてみましょう。)


まずはアレルギーの危険がないかどうかを
きちんと調べることが大切です。


パッチテストを省略する
美容室も多いですので
カラーリングを初めて行う場合は
自分で注意する必要があります。

ちなみにゲインでは
初めてカラーリングや白髪染めを
行う方には

施術日の3日目までに
パッチテストを行っています。


お客さまの安全を守る上で
重要なことなので
初めてカラーをする場合は

予約時に
『カラーをやるのは初めてです!』
と、正直に伝えましょう。


その際に
『パッチテスト』を義務付け
してくれる美容室であれば
良いお店と言えるでしょう。


そんなお店を探してくださいね(^^♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です