品がよく見える人、見えない人。




 


先日、家の近くの
セブンイレブンに行った時のこと。








レジで順番を待っている間に
前に並んでいる
男の子の髪を見ていました。






すると…、






切り残しというか
パヤ毛というか

ぴょんぴょんと
髪の毛が飛び出して
いるんですよね。










これってどんなハサミで
カットしたかが一目瞭然なんです!






 

カットをするハサミには
大きく分けると2種類あります。







1つは



ブツ切りに切れる
ブラントシザーというハサミ。






もう1つは



梳ける(すける)ハサミで
スキバサミもしくは
セニングシザーというハサミ。







冒頭で紹介したお子さんの
髪はスキばさみで
カットされています。




すきバサミの基本・使い方




また、





スキバサミにはハサミを一回
開閉すると、

髪の毛の何%が切れるかで
種類が分かれます。






例えば







100本の髪の毛を
90本切れるスキバサミの
梳き率(すきりつ)は
90%となります。





同じように
100本の髪の毛を
1回のハサミの開閉で
20本切れるとなると

そのスキバサミの
梳き率は20%というわけです。







話を戻して…、
子どもの髪を見ていたら







ピョンピョンと
髪の毛が出ていたという話ですが、


このピョンピョンと
髪の毛が飛び出している状態は、


カットをした技術者が
90%のスキバサミや
40%のスキバサミで

刈り上げた場合に
起こる現象です。







こういうハサミで
普通に刈り上げようとすると

どうしても『ピョンピョン』
と、飛び出した髪の毛が
出るんですよね。






丁寧な技術者ですと
その後にこの飛び出した
髪の毛をチェックして
切る方もいます。







ただ、




誤解のないように
言いますが、


こういうハサミで
カットをするのが
ダメと言っている
わけではありません。





こういうハサミを使って
刈り上げると

ブツ切りのハサミでは
出来ない柔らかい雰囲気の
刈り上げに仕上がりますから。


要するに
ハサミは使いよう
ということですね(^_^)





ゲインでは
このスキバサミは

90%

40%

25%

20%

10%

8%

と、6種類の
スキバサミを使って
髪型を作ります。


いくつものハサミを
使い分ければ良いというわけでも
ないですが、

適材適所で使い分けています。






ピョンピョンとアホみたいに
飛び出している毛がある髪型と
そうでない髪型。






どちらが上品に見えるかは
分かりますよね・・・?








どんなに親がおしゃれで
子どものカッコイイ服を着せても

髪型で損をしている場合は
けっこう多いです。






ちなみに今回の例、






子どもを例にしていますが




これって大人の男も
一緒ですからね。



 

 

知ってた? 大人の男のかっこいい髪型は〇〇のあるヘア | メンズファッションマガジン TASCLAP

 







どうせ髪を切るならば
品の良い男に見られる
カットをしてもらってくださいね。



それでは、また明日。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。