子どもには、口で説明するよりやって見せる

昨日、一昨日と
福島県猪苗代へ旅行に
行って来ました。


その時の一コマ。

生まれて初めて
『アーチェリー』に挑戦しました。



やったことはありませんでしたが
『面白そう♪』って思ったことは
やってみるのが良いですよね。




アーチェリーの看板を
見たときに長男に
やってみるかを聞いたら
『やらない』の一言。




その後にオレが
やって見せました。



そんなオレを近くで
見ていた長男に
やってみるか?
と聞いてみると…。


『うん!』
と頷きました。


その後、一緒に
やってみることに…。

食わず嫌いではないですが
やらないで終わるよりも
やってみて何を感じるかを
知ってほしくて
一緒にやりました。


子どもの習い事もそうですが
親が言葉で説明するよりも

子どもを見学や体験に
連れて行き

子ども自身の目や心で
やってみたいと感じるのかを
判断させればいいと思っています。

あと1カ月で
8歳になる長男。

これからも
見守っていきたいです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です