子どもに勉強を教えるって難しい。

 

 

 

 

子どもに勉強を教えるって
ホントに難しいな~と感じている
たかひこです。









先日、長男(小5)が
学校の算数のテストを
持ってかえってきました。







点数は88点。






いつもより悪い点数に
本人もしょんぼりしている様子。




結果は、結果。



目標の100点には
届きませんでした。



毎度のことですが
目標に届かなかったら
ご褒美は無し!



以前の記事。

↓↓↓








100点を取るまでの
努力はしていなかったというだけのこと。






とはいえ、
88点を取る努力をしていたわけなので

テストを持ってかえってきたら

『頑張ったね、

お父さんは、
お前の努力を一番近くで見ていたから
お前が頑張ったのは分かってるよ。

また、頑張ろう!』


と声をかけました。











今回のテストは

☑小数点の考え方

☑小数点のある割り算


これが課題でした。









その中で私が一番強く指導したのは
この2つです。

↓↓↓

☑数字を正確に書く!

☑筆算の縦の列をしっかり書く!





画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E8132F7A-8F3F-412D-8315-2FCD0A4D2BB0-1024x1020.jpeg




この2つがきちんと出来ていないせいで
問題を間違えていることが多かったからです。









テスト前日での
私の予想は84点~94点くらいかな?

なので結果を見て
やっぱりな!
という気持ちでした。






やはり、



小数点の基本的な考えと
割り算の筆算にミスがありました。



やっぱり、ここが出来なかったか~
という気持ちでした。






長男は勉強面に関しては
私に驚くほどそっくり!


ふつうの人から見たら
問題を解くときに
『なんでそんな風に考えるの?』
と思われるくらい
変な風に考えるタイプ。





最初に感じたのは
長男が6歳の年長さんの時。

オレみたいな傾向があるかな~
と感じました。


以来、

ずっと勉強には気をつけてきました。




中学受験を考えるなんて
ありえないレベルなので

応用問題はやらなくて良い!
と伝え
基礎問題をしっかり理解させることに
意識をしてきました。




小学1年生から今の5年生まで
ずっと見てきましたが
ついに最初の壁が来たようです。


明らかに小数点の割り算の
基礎問題についていけていない!



ここが最初のポイント!


仕事も忙しいですが
いつもより注意深く見守っていこうと
思います。












頑張れ!たいちゃん♬




それでは、また明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。