小学5年生男子のやる気スイッチを入れる方法。

 

昨日の夜、
長男にこんなことを聞かれました。


↓↓↓



お父さん、明日はお休み?

そうだよ。

明日は何をやるの?

明日は講習だよ。

明日は何の勉強なの?

育毛っていって
髪を生やす勉強だよ。

ふ~ん。

大人になっても勉強ってするの?

してもしなくてもいいよ。

お父さんはする方を選ぶけどね。



大人になったら最低でも
年収の1割は自分の勉強代にに
使うと良いかもね(^^♪

1割って?

1年間のお給料に”0.1”を
かけることだよ。

年収500万の1割はいくらだ?

500×0.1だから・・・、




50万・・・?

そうだね。


よくわかったね(^^♪



働いて稼いだお金を
勉強に使うか?

遊びに使うかは
自分の自由だから
好きに使えば良いんだよ。




ただ、今の自分よりも
レベルを上げたいならば
勉強は絶対にしなければならない。



いいか?



仕事というのは
人生のほとんどの時間を使う。



だからこそ納得のいく仕事を
やれると良いな~って
お父さんは思うんだよね。

オレの勉強代は
いくらなの?

タイガは
習い事と勉強代を合わせると
毎月3万だから
年間だといくらかな?

う~んと・・・、



36・・・?

そうだね。


ということは
お前は年収360万円を稼ぐ人と
同じ勉強代ということだ。

やばっ!!

子どもだから無理だけど
年収360万もないのに
36万を勉強にかけているということは
それだけお前に期待しているということだよ。

へぇーーーー!

お前を怒るのも
同じだぞ。


期待してなければ
怒るとうこともしない。



どうでも良いからね。




期待するからこそ
オレは言うんだよ。

今までどんなに𠮟っても
すぐに忘れてしまう長男。



しかし、





今回の言葉は
かなりこいつに響いた。






気がする・・・。

変われば良いけど(”^ω^)



果たして・・・。




それでは、また明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。