忘れがちなこと。

先日の長男の野球練習中の一コマ。

ベースランニングという
走る練習ですが、
右下のグローブに気づきました。




赤いマルの所が
長男のグローブです。


いつも親子で練習する時に
グローブの置き方を見せてきました。

練習後に
『グローブの置き方が
とても良かったよ!』
と褒めました。




高校時代、
グローブやバットを投げるシーンを
見てきました。


とても嫌な瞬間でした。



私は一度たりとも
道具を投げたことは
ありません。



それは自分の道具ということは
当然ですが、

このグローブは
両親が頑張って働いて
買ってくれたということを
感じていたからです。



とかく野球の道具は
高いものです。


他のスポーツに比べると
どうしても道具代がかかります。


でも

『オレがこれが欲しい!』
と言った道具は
全部買ってくれました。



だからこそ
大切に扱ってきました。





この右側のグローブは
私が高校1年生の夏に
両親が買ってくれたものです。


今も大切に保管しています。



野球の練習を通して
こういうことも伝えていきたい
と想っています。


それでは、また明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です