息子の書初め大会

こんにちは、
今日から39歳!
たかひこです。


先日、息子の通う小学校で
書初め大会がありました。


冬休みから
少しずつ練習をしていた
息子。


習字の先生に書いて頂いた
お手本を見ながら
毎日ちょっとずつ
練習をしていました。


そしていよいよ
明日が本番!
となった時、



最後に
もう一度練習をしていた息子。



その日の夜、
息子がオレの所へやってきました。

息子
『お父さん、
書初めのお手本って
どこにあるの?』

たかひこ
『えっ、お父さんは
知らないよ!

書初めの練習で使っていた紙は
全部あの袋に入れたよ。

もう一回探してみたら。』

息子
『えっ、そうなの?
分かった。』

それからしばらくした後

息子
『お父さん、やっぱり
ないんだけど・・・。

お母さんがお父さんに
聞いてきなさいって言われた。』

たかひこ
『え~、知らないけどな・・・。』



と言いながら
息子が練習をしていたあたりを
もう一度探す。


たかひこ
『やっぱりないな~。』

息子
『分かった。
お母さんに言ってみる。』




その日の夜、
息子が寝た後に
カミさんに聞いてみると・・・。


たかひこ
『書初めのお手本って
見つかったの?』

カミさん
『見つかった・・・。』

たかひこ
『あっ、あったんだ。
良かったね。どこにあったの?』

カミさん
『それがさぁ~、
お手本の字を

自分で黒くなぞっていたんだわ。』




つまりこういうことです。

お手本は赤い字で
書いてあるのですが、

そのお手本を
息子が上からなぞったために

練習をした紙と
お手本の紙の区別がつかなくて
分からなかったということ。





たかひこ
『まぁ~
子供のやることだからね・・・。』





でも、
せっかくお手本を
書いて頂いた習字の先生に
申し訳ないという
気持ちがありました。


そこで習字の先生ほどでは
ないですが、

オレがお手本を思い出して
書きました。


そしてそこに
息子の名前も書き添えました。


次の日の朝、



起きてきた息子に
『本番では
これを見ながら書きなさい!』
と伝えました。



その日の夕方
帰宅した息子に

たかひこ
『おかえり~。
書初めどうだった~?』

息子
『お父さん!

オレ、間違って
お父さんが書いた方を
先生に出しちゃった…。』



たかひこ
『・・・。

(どうやったら
そんな間違いをするんだよ!
と、思いながら)


大丈夫だよ(^^♪

先生もお前が書いたとは
思わないと思うよ。

間違って出した
って思うから大丈夫だよ!』

息子
『うん、分かった。』





それから2週間後、
学校から帰宅した息子が・・・。


息子
『お父さん!
大変だよ』

たかひこ
『どうした?』

息子
『お父さんが書いた
書初めが、

教室の後ろに
飾られているんだよ!』

たかひこ
『嘘だろ・・・。』



(いくらなんでも先生だって
大人の字と一年生の字の
違いは分かるだろう…。)





どうなっちゃうの・・・爆



過去50店以上ヘアサロンを
渡り歩いたお客様に言われた言葉。

『ここで切ってもらったら
他には行けない!』

と、口コミするお店。



それが茨城県北茨城市にある
バーバーショップゲイン。


おしゃれとは無縁で
過ごした野球部時代のオレ。

短い髪でもバランス一つで
ここまでカッコよくなるんだ!
って知りました。

そんな経験を少しでも多くの人に
感じてほしくて
ヘアデザインを学びました。



男性専門にのべ5万人以上の髪を
扱ってきたからこそ

美容室とは絶対的にちがう
バーバースタイルを提供します。



美容室とは絶対的にちがう
バーバースタイルを提供します。


初めての方はこちらを
読んでください。



↓↓↓

①ゲインはこんなお店

②プロフィール

③ご予約について

④進む道を決めた時・・・。

⑤技術プロフィール

⑥オレの根底にある想い

↑↑↑





現在の予約状況はこちら。





ライン予約はこちら。

時間外コースはこちら。

↓↓↓

キャンセル待ちはこちら。

↓↓↓

薄毛でお悩みの方へ

↓↓↓

初めての方はこちら。

↓↓↓

BARBER SHOP gain
(バーバーショップゲイン)

【住所】
茨城県北茨城市磯原町木皿911

【ご予約】
090-8857-3883

【定休日】
毎週火曜日、第1.3月曜日

【ホームページ】http://barbershopgain.com


















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です