幹細胞培養液を使った育毛①


いよいよ今年の4月から
育毛メニューを立ち上げます。





今回の育毛メニューの
キーワードは「再生医療」。





再生医療って聞いたことは
ありますか?

再生医療とは?








トカゲをイメージしてください。






 トカゲのしっぽは途中で切れても
また生えてきます。








人間ではこうはいかないですよね。







実は人間でもこのような力は
あります。










例えば、あなたが転んで
ヒザをすりむいたとします。








ヒザがすりむいたら血が出ますよね。




で、しばらくすると
この傷の部分は「かさぶた」になり

さらに時間が経過すると
同じような皮膚にもどりますよね?








これを再生能力といいます。





この再生能力を生かした医療を
「再生医療」といいます。







幹細胞とは?







再生させるためにポイントになるのが
「幹細胞」です。






人間は約60兆個の細胞で
作られています。









この細胞の中に
「幹細胞」というのがあります。




幹細胞は・・・、




皮膚や組織の修正や再生を
してくれる細胞です。





再生医療では
ほかの組織を治す働きを持つ
「幹細胞」が使われています。






私はそんな幹細胞に興味を
持ちました。








幹細胞培養とは?



幹細胞を調べていくうちに
幹細胞を培養する工程が
あることを知りました。










再生医療で使うため
幹細胞を培養して取り出す
というのがあります。





この培養した時に
使われた液体を

「幹細胞順化培養液」
といいます。






この液体には
幹細胞の成分がしみこんでいます。




幹細胞を増やす時に


幹細胞自体から
さまざまな成長成分が
大量に分泌されるからです。






この分泌された液体は
高濃度のため

細胞を活性する力が
とても高いことが知られています。








そんな高濃度の幹細胞培養液は
美容クリニックなどで
使われてきた成分です。




再生美容と予防美容の
両方の効果を持つため
セレブの間で人気でした。





そこで私はこの液体を使った
育毛の可能性を感じました。





つづく。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です