次男の担任の先生の言葉。


昨日は午前中
お店をお休みしまして
次男の入学式に参加してきました。


↓↓↓




入学式の後に
担任の先生から
子どもたちと私たち親に向けて
お話をして頂きました。




その中で印象的だったことを
書こうと思います。



そのお話の言葉は



『子どもの前で
お友だちや学校のこと
先生のことを否定する言葉を
言わないでください。


この子たちにとっては
先生よりも親である
お父さん、お母さんの言葉の方が
強く感じます。』




言葉は正確ではないかも
しれませんが

このようなことを
お話をされていました。




簡単に言えば
子どもの前で悪口を言うな!
と言うことです。




私たちは大人は
ついつい子どもの前で

悪い言葉を
言っているかもしれません。



そんな時


子どもたちはじっとして
静かにその話を
聞いているものです。




いつも子どもにきれい事ばかり
言えば良いとは思いません。


でも

否定する言葉は
子どもの前で言うのは
こらえる必要があると思います。







自戒をこめて
今日は書きました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です