武士の一分。。

 

 

今日のブログは
こちらについて書こうと思います。


↓↓↓












床屋さんのお店の前に
クルクル回っているヤツってありますよね。



このクルクル回っているヤツって
『サインポール』という名前です。




お店が営業中の時は
クルクル回っています。


お店がお休みの時は
クルクルは止まっています。




そんなサインポールと
ゲインのエピソードの一つを
今日は書こうと思います。





ゲインのお店を作ろうと
動いていた時、
合計9つの工事会社を回りました。




その中の一社の設計士さんが
こう言いました。

『サインポールはつけなくて
良いですですよね?』




今風のお店を作りたかった
その設計士さんは
サインポールが邪魔な存在だったのでしょう。





私はこれに対してこう言いました。


↓↓↓


『いえ、絶対につけます!

理容師にとってサインポールは
武士の刀のようなものです。


今時、ダサいかもしれませんが
私にとっては
絶対に外せないものです。』




結局、この設計士さんは
テキトーな人だったので
この人に頼むことはありませんでしたが。。






初めてゲインに
いらっしゃるお客さまの中には

『こんなお店を待っていた!』

と言う方がいます。




『美容室に行ってカットをしてもらっても
なんかしっくり違うんだよな~。

でも、昔からある理容店だと
なんかダサくなりそうなのが嫌で・・・。



という人も。




まぁ~これはお店がどうこうというより
技術者次第なので
必ずしも正解ではないですが(^_^;)




遠出をしたときに

美容室を見て気になって
お店の中を見ますが

サインポールのある理容室で
雰囲気の良さそうなお店を見つけると
中をじ~っと見たくなります。



頑張っているなぁ~!


と応援したい気持ちになります。






今度、知らない町の理容室に
髪を切りに行こうと思います。




それは技術はどうかな?

お店の中はどうかな?


というような気持ちではなく
ただ、ただ
理容室を満喫したい!
という気持ちで。。





休日に行きつけのカフェが
欲しいように

理容師だって
行きつけの理容室が欲しいんですよね。




あなたの行きつけのお店って
なんかありますか?


もし良かったら
今度ご来店の時に教えて下さい。


ジャンルは何でもOKです(^_^)



それでは、また明日。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。