男のシャンプーの選び方②~脂っぽい頭皮の方





昨日の記事。

↓↓↓


 

 

 

前回の記事では

☑シャンプーは髪質では選んではいけない!

☑頭皮の肌質で選ぶべき!



そして

自分の頭皮の見分け方
についてお伝えしました。





今回はそんな肌質に合わせて
シャンプーを選ぶために
知っておいてほしい

『シャンプーの仕組み』

そして

『脂性肌の方におすすめのシャンプー』

についてお伝えしていきます。



こちらをご覧下さい。


↓↓↓













シャンプーの中身を100とすると
そのうちの70%は水で
残りの30%がシャンプーの成分です。




↑↑↑



この残りの30%について
書かれているのが

シャンプーボトルの裏に
細かい字で書いてあるこれです。


↓↓↓


 

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0026-e1507877165126-576x1024.jpg







ちなみに


この細かい字で書かれているコイツたちは
2つだけルールがあります。




その2つとは?




①1%以上入れた成分を
全て書かなければいけない。

 

②配合量の多い順に
書かなければいけない。




というルールがあります。





そして




この細かい文字の中に
シャンプーの選び方の基準が
隠されています。





とは言っても
この細かい文字すべてを
読む必要はありません。




読むべきポイントはたった1つ!




そのポイントは



水の次になんて書かれているか?



これだけです!






具体的な例を見てみましょう。



↓↓↓



こちらをご覧下さい。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0026-e1507877165126-1.jpg




↑↑↑



この水の次に書かれている言葉が
ポイントです。





シャンプー選びの80%は
これを見るだけでOK♬






あなたが使っているシャンプーの
裏面を見てみましょう。



なんて書かれていましたか?






こんな成分名では・・・?



↓↓↓




○ラウリル硫酸Na

○ラウレス硫酸Na

○アルキル(c14-18)スルホン酸Na

○@オレフィン(c14-16)スルホン酸Na

○ラウレスー4カルボン酸Na

○スルホコハク酸ラウレスNa

○ラウリルグルコシド

○ココイルメチルタウリンNa


↑↑↑

この成分名が書かれていた場合
そのシャンプーは
脂っぽい頭皮の方向けです。






ちなみに・・・



こちらの成分名が
水の次に書かれていた場合は
要注意です。



↓↓↓



 

○ラウリル硫酸Na

○ラウレス硫酸Na

○アルキル(c14-18)スルホン酸Na





脂が出るからといって
脂を取り過ぎると

お肌のセンサーが勘違いをして
『脂が足りないから、もっと出すぞ~!』
と誤差動を起こします。







その結果、



ギトギトなオヤジになります。




画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: d88055bda6fcc9c8a30a8fba1559744e.jpg













ちなみにゲインでおすすめしている
脂っぽい頭皮の方向けのシャンプーは
こちら。



↓↓↓






いかがでしょうか?



脂っぽい肌だからと言って
脂をしっかり取ればいい
というものではありません!


大切なのはバランスです。




シャンプーを上手に使い分けて
さわやかな男を目指しましょう♬




つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。