男の白髪染めってどんなのがあるの?

 



今日のブログは昨日のつづきです。


昨日の記事はこちらです。

↓↓↓

 

 





今日はテーマはこちら。




↓↓↓




白髪染めの種類ってどんなのがあるの?





一口に白髪染めと行っても
4つの種類があります。




①ヘアカラー

②ヘアマニキュア

③カラートリートメント

④ヘアマスカラ

 

 

順番にお伝えしますね。





①ヘアカラー


一般的な白髪染めは
これに当てはまります。





このタイプの白髪染めは
髪の内部を染めるタイプです。




画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: images-88.jpg






メリットは・・・、
染まりが良いということです。

デメリットは・・・、
ダメージが大きいということです。










髪の中を壊して
そこに白髪染めの染料を入れる仕組みなので

髪に痛みは出るものの
染まりが良いのが特徴です。



髪のダメージを気にする方は△
何より染まりを優先する方は◎






②ヘアマニキュア



次はヘアマニキュアについて
説明をします。




ヘアマニキュアは
先ほどのヘアカラーのような
髪の中を染めるタイプとは違って

髪の表面を染めるタイプ
厳密に言えば
髪の表面に色がくっついているタイプです。



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: images-89.jpg




メリットは
髪のダメージが全くないのと
鮮やかな色で白髪を染められることです。


デメリットは
染めるときに地肌にくっつくと
取れないので


髪の短い男性には
不向きと言えるでしょう。



髪のダメージを考える方は◎
男性の白髪染めとしては△







③カラートリートメント


カラートリートメントというのは
先ほどのヘアマニキュアと同じで
髪の表面を染めるタイプです。




画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: images-89.jpg





メリットは・・・、
髪のダメージはかなり少ない。

薬剤が地肌についても落ちる。


デメリットは・・・、
ヘアマニキュアよりも染まりが悪い。
(色落ちが早い。)



ヘアカラーによる
アレルギーなどがある場合や
ダメージを気にする方には◎

染まりを気にする場合は△





④ヘアマスカラ



ヘアマスカラというのは
染めるというよりは
かぶせるタイプ。


白髪のあるところに
『ちょんちょん』っと色を塗り
一時的に白髪をカバーするアイテムです。




画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 43cae0187390d79853aeac8305a76c2d.jpg







急な用事で
染める時間が無い!


そんな場合の緊急対策として
使うには良いでしょう。


手軽なスピードは◎
染まりはゼロなので×



いかがでしょうか?

この4つのタイプが
白髪染めで世間に出回っている方法です。


今回、ご紹介したのは
白髪染めのベーシックなお話なので

明日はここからさらに突っ込んだ
お話をしていきますね!(^^)!



それでは、また明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。