肌荒れしないヒゲの剃り方

お客さまのお顔そりをしていますと
お肌が荒れているお客さまが
多いことに気づきます。


実は私自身も
ヒゲを剃るたびに
お肌がヒリヒリする敏感肌。



そんな私が実践する
髭剃り方法をお伝えします。



まずはクレンジングです。
いきなり洗顔はせずに
ホホバオイルを使って
お顔の汚れを落とします。


使用するクレンジング剤は
こちらです。



こちらのオイルを手に取り
お顔全体につけたら
クルクルと回しながら
クレンジングをします。

この時に小鼻の部分を丁寧に
クルクルすることで
小鼻の汚れなどもきれいになります。


その後、お湯で3回ほど流します。

この時の流しは
お湯は40度以下で3回くらいでOKです。



このあと洗顔をします。



洗顔にはこちらを使います。

そのまま使っても良いですが
私は泡立てネットで
泡立ててから洗います。

そしてお湯ですすぎます。

この後にシェービングフォームや
ジェルをつけます。

ここで濡らして絞ったタオルを
電子レンジに入れて1分間温めます。


温め終わったら
ヒゲの部分に当てます。



いよいよヒゲ剃り開始です。





剃る時には
ヒゲの向きに気をつけます。

ヒゲを剃っていていつも同じ場所から
血が出てしまう経験がある人は、

ヒゲの向きに逆らって剃っているので
鏡を見ながらチェックしましょう!


私の場合はヒゲの向きが
こんな風に生えていました。


これは人によって生え方が違うので
よ~く観察してください。

アゴの所は下から上だけど、
のどぼとけの所は
下から上に生えているという人もいます。

そしてここで最初に使った
ホホバオイルをヒゲの部分、
特に肌荒れする部分に塗ります。

しっかりと皮膚にすり込むくらい
塗ります。


こうすることで
皮膚の上に薄い膜が一枚出来るので
お肌を痛めにくくなります。

そして次に、
ヒゲそり用のクリームをつけます。

ヒゲ全体に塗ります。

一枚刃よりは二枚刃、
二枚刃よりは三枚刃、三枚刃よりは五枚刃の方が
お肌を守る力が高いです。

ここでヒゲの方向を
もう一度確認してください。

生えてる方向に逆らわないように
上から下に剃ります。

続いて横に剃ります。

ヒゲの濃い方はここでもう一度
電子レンジで温めたタオルで
ヒゲを蒸してください。

剃っている間にヒゲが元に戻って
硬くなってしまうからです。


もう一度蒸すことにより
先ほどよりもさらにヒゲが柔らかくなります。

そして再びクリームを付ける。
次に逆剃りをする。
逆剃りとは、読んで字のごとく
生えている方向に逆らうように・・・。



つまりヒゲが生えている方向が
こうだとしたら下から剃ります。

こうすることで
ヒゲがつるつるになります。


ただこのように剃って痛い場合は、
先ほどから話しているやり方が
きちんと出来ていないか
元々、お肌が弱い可能性が高いです。

そういう方は逆剃りはしないで
上から剃ったら
次は横から剃るだけにしましょう!

いかがでしょうか??

大切なポイントは

○ ヒゲを剃るまでの工程

○ ヒゲの向きを把握する

この二つです。


実際、このことが出来ていれば、
3枚刃だろうが5枚刃だろうが
道具はなんでもOKです。

これでヒゲの剃り方の説明はは終わりです。

と言ってもこれで終わりではなく
この後のひと手間ふた手間が
あなたのお顔をいつもでも輝かせます。



この後はしっかりと水分補給が
大切です。


そんな水分補給については
こちらをお読みください。

それでは、また明日。






ゲインのインスタグラム

↓↓↓

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 20161117instagram.jpg です




初めての方へ(ご予約について)

現在の予約状況

予約状況の上手な使い方

ライン予約

時間外コース

キャンセル待ちについて

薄毛でお悩みの方に




【プロフィール】

ゲインオーナー
佐藤陽彦(さとうたかひこ)



過去50店以上ヘアサロンを渡り歩いた
お客様に言われた言葉。

『ここで切ってもらったら
他には行けない!』

と、口コミするお店。



それが茨城県北茨城市にある
バーバーショップゲイン。


おしゃれとは無縁で
過ごした野球部時代。

短い髪でもバランス一つでここまで
カッコよくなるんだ!って知りました。

そんな経験を少しでも多くの人に
感じてほしくてヘアデザインを学びました。



男性専門にのべ5万人以上の髪を
扱ってきたからこそ

美容室とは絶対的にちがう
バーバースタイルを提供します。

BARBER SHOP gain
(バーバーショップゲイン)

【住所】
茨城県北茨城市磯原町木皿911

【ご予約】
090-8857-3883

【定休日】
毎週火曜日、第1.3月曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です