褒めるが9割。1割は?

お正月休みラストの早朝に
このブログを書いています。


年末にはほとんど
顔を合せなかった息子たちですが、
この3日間はずっと一緒です。


そんな3日間ですが
必ず前日に
『明日、何をして遊びたい?』
と聞いています。


すると
『キャッチボール!』
『バッティング!』

という言葉が返ってきます。



というわけで
1日目、2日目と希望に合わせて
野球をやるのですが、

そこは野球を始めたばかりの長男。
全然うまくいきません。


こちらもどうやったら
捕れるかな~?

と模索しながら
教えるのですが、
現実は難しいです。




そんな長男ですが
上手く捕れないところを

一緒に遊んでいた次男に
笑われて涙を流す場面や
ふてくされる場面も…。



たかひこ
『悔しくて泣くのは良い!

でもな、上手くいかないからって
ふてくされるのはやめろ!

お父さんの言うとおりに
続けて練習をやれば
必ず捕れるようになる。


だから、一緒に頑張ろう。


ただな、続けるためには
大切なことがあるんだ。

それは”強い気持ち”だ!

これから先
野球でも勉強でも仕事でも
強い気持ちがあればなんとでもなる。


まぁ、根性ってやつだ。



根性さえあれば大丈夫だ!



お父さんはな~
勉強もあまりできなかった。

野球もあまり上手ではなかった。


でもな、根性だけは
人よりあると思う。


根性さえあれば
なんとかなるよ。


それとな、
悔しかったら声を出せ!


大声で返事をしろ!』


そんな言葉をかけながら
長男の胸を握りこぶしで
『ドン!』っと叩きました。


言葉をかけながら
自分の高校時代を思い出しました。


オレが高校2年の夏、
新チームがスタートした頃の試合で

グランドにいるオレに
監督から檄を飛ばされたことが
あります。


その言葉に悔しくて
グランドから監督に向かって
大声で『ハイ!!!』
と言いながら監督を
睨んだことがありました。


まぁ~睨むことはよくないですが
のちに卒業後、

監督にお会いした時
その場面の話をされたことがあります。


監督はその大きな返事を聞いて
『こいつは大丈夫だ!』と
感じたそうです。


気合や根性論は
今の時代には合わないよ!
という人もいるでしょうが

メンタルの弱い人間にだけは
させないと想う
オレの信念です。


頑張れ息子よ!













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です