角刈り、ブロース、スポーツ刈り

先日のブログで
技術プロフィールを書いたところ、
お客様からこんな反応があった。

『意外でした。
ずっと順調に来た人だと思っていました!』

全然順調になんて来なかった。

先輩からは
『お前は何て不器用なんだ!』

 

後輩からも
『佐藤さんて後輩の私から言うのもなんですけど
不器用ですよね。ただそれを補うほどの
努力を身近で見て来ましたから。』

 

って言われるほど。

 

 

不器用な自分を補うためには
練習あるのみだった。

 

ブロース(角刈り)はその中でも
やった方である。

 

ちなみにブロースって言葉は
髪型がブラシに似ていることから付いたそう。

 

そんなブロースをオーダーした
お客様のビフォアはこちら。

 

 

硬くて太い髪なので
ブロースの似合う髪質である。

 

それでは仕上がりをどうぞ。

 

 

直線的な形がより男らしさを
引き出している。

 

点と点の集合が線になり
線と線の集合が面になる。

 

ブロース特有の質感である。

 

 

ブロースというと
頭のてっぺん(トップ)から
カットをする理容師さんが多い。

 

なぜならその方が早くカットが出来るから。

 

 

確かにそうなのだが
そのように上からカットすると
顔に微妙に似合わない。

 

 

なのでオレはまずまわりからカットして
その方の一番似合う形を引き出す。

 

こちらを見てほしい。

 

 

この白い円の所が
似合わせるポイントなのである。

 

分かるだろうか?

 

 

難しいだろう・・・。

 

この辺りのことが一目で分かると
こういうショートスタイルも
お顔に似合わせることが出来る。

 

 

この辺りはブロースをやりこんだ技術者ならば
すぐ出来ること。

 

ただし、ブロースが切れれば出来るかというと
そうではない。

 

なぜなら毛先のタッチが違うから!

 

 

ブロースは毛先をいかにそろえて
アウトラインを作るかという髪型。

 

 

それに対してこのような髪型は
毛先をバラバラにして作る髪型。

 

 

このバラバラという所がポイント。

 

理容師だから短髪が得意とかいう
低次元の話ではない。

 

 

短髪には短髪の毛先の
ばらし方という技がある。

 

 

適当にスキはさみで
軽くしているレベルではない。

 

 

 

当店に5年ほどご来店頂いているお客様から
こんなことを言われたことがある。

『佐藤さんって理容師さんなのに
スキばさみが上手いですよね!

 

なんか理容師さんてそろえるのは
上手なイメージがあるんですけど
スキばさみとかって下手なイメージがあるんです。

 

ムラがあるって言うか・・・、

軽いところもあれば
重いところもある。

 

佐藤さんはきちんとピンで止めながら
一つづつ確認しながらカットしてくれますもんね。』

 

 

いや~なかなか鋭い意見。

 

 

プロ顔負けの観察力です。

 

 

どうやら理容室と美容室の両方を
さんざん行きまくったらしい。

 

 

流石に数多く行っているだけある意見。

 

 

このように硬い髪型と柔らかい髪型の両方を
作れるのがオレの強みである。

 

フェイドのような短い髪型で
トップの毛先は柔らかいタッチ。

 

短髪を愛する方は
お任せ下さい!

 

 

 

 

現在の予約状況はこちら。

予約状況

7月1日から一部料金を改正致します。

詳しくはこちらをお読みください。

料金一部改正のお知らせ

本日も最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。

BARBER SHOP gain
(バーバーショップゲイン)

【住所】
茨城県北茨城市磯原町木皿911
【ご予約】
090-8857-3883
【定休日】
毎週火曜日、第1.3月曜日
【ホームページ】
http://barbershopgain.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です