面接に合格する髪型とは?

こんにちは、たかひこです。


今日のお客さまの中に
企業で面接を担当する方が
いました。


その中で面接時の髪型のお話に
なりました。

どんな髪型が面接官に
好まれるのか?

そんなお話をしました。



というわけで
今日は面接時の髪型について
お伝えします。


面接で大切なのは
なんと言ってもまずは
『清潔感』です。


そんなことを
ふまえながら
もう少し詳しくお伝えしましょう。


①おでこを見せる(前髪を上げる)

前髪を下ろした人と
上げた人とでは
相手に与える印象が違います。




前髪を下ろしたパターン。

ここから相手に与える印象は…。

○おとなしそう
○静かそう



次に

前髪を上げたパターン



ここから相手に与える印象は…。

○元気そう
○明るい

という雰囲気が感じます。


なので面接時には
おでこを出す(前髪を上げる)
というのがおすすめです。


でも、人によっては
前髪を上げるのは抵抗がある!

そんなかたもいますよね。


そういう方は
こんな風に一部分だけ
おでこの部分を見せて
前髪を流す髪型も
おすすめですよ(^^♪


②耳を出す

面接時にサイドの髪が
耳にかかっているのは
好ましくありません。

冒頭にもお伝えしたように
まずは『清潔感』です。

なのでサイドも
スッキリと短くした方が
おすすめです。

③えりあしは短く

ショートネープが
流行したことにより

えりあしが短めな男性が
増えましたので

最近は長い男性は
少ないですが、

念のため
お伝えします。

えりあしは長くても
このくらいです。

出来ればワイシャツの
エリにかからないくらいが
ベストです。

④ツヤ系スタイリング剤は使うな!

髪が濡れたような質感になる
スタイリング剤を使った
髪型は、

一見、仕事が出来そうな
イメージがありかもしれませんが

これはNG!と思ってください。


例外として
超短髪のこのくらいなら
ありですが・・・。

面接時に
髪にツヤを出す必要は
ありません。

まとめ



髪型って自分の主観に
なりやすいので、

客観的に言ってくれる
美容師さんに聞いた方が良いでしょう。


ただし、

きちんと言ってくれる
美容師さんの場合です。

本気で面接に臨みたいならば
ズバリ!言ってくれる人を選ぶべきです。


そんな本気の方は
お手伝いさせてください(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です