髪が硬くてもクロップが出来るたった一つの方法。



今日のブログは髪型のご紹介です!




実際のサロンワークを
そのまま撮っています。







☑クロップ

☑スキンフェード

☑アイロンパーマ

☑濡れパン

↑↑↑


こんなキーワードにピンと来る方は
ぜひお読み下さい。








このブログの作者は

このブログの責任者の
”さとう たかひこ” とは

『カッコイイ父親を創る!』
これをビジョンに

『もう年だから・・・』と
あきらめている父親たちの
本来の魅力を引き出します。



予約が2ヶ月先まで埋まり
200km以上離れた所から通うお客さまに

『ここに来たら他には行けない!』
言わせる

息子から自慢される父親(オヤジ)を
創るプロデューサー。

 







それでは2022年3月10日(木)号




スタート♬







まずはさっそく
ご来店時の状態からご覧下さい。



↓↓↓






ビフォア

































前回の髪型は?




ここで前回の髪型について
おさらいしましょう!




前回の髪型は
七三スタイルのスキンフェード。




こちらです。


↓↓↓









この時のブログはこちらです。


↓↓↓





本日のオーダーは?




今回、どんな髪型にしたいのか
お気持ちを聞いてみたところ・・・。








今回、迷っているんですよね・・・。



というのは
前回のような七三にパーマを
かけるか?



もしくは”クロップ”という髪型に
チャレンジしてみるか?

 




なるほど~!



七三は今までやってて
絶対に似合うので間違いないですが、

ちょっと冒険をしてみるなら
クロップはおすすめですね(^_^)



ちょっと個性的に
いってみましょうか!?

はい!やってみます!!





ここでクロップについて
お伝えしましょう。






クロップというのは
前髪をそろえた髪型のことを言います。







↓↓↓










ただ、



最近の流行のクロップというのは
前髪を前に流してそろえてあるだけでなく

まわりを極限まで短くしてスタイルが
主流です。


↓↓↓







この”極限”というのはポイントで
主流は『スキンフェード』という
刈り上げです。





スキンフェードとは?





スキンフェードというのは
めちゃくちゃ短くした
刈り上げのことです。


どのくらい短いかと言いますと
長さ(厚さ)0mmの刈り上げ。




そうです。




0mmというのは
剃った状態から作る
刈り上げのことです。




さぁ~そんなクロップと
スキンフェードの融合を
ご覧下さい。




↓↓↓






アフター









良いですね~!





そろえられた前髪が特徴的で
個性を際立たせていますね。








また、


0mmから始まる刈り上げは
”つなぎ”がとても難しい刈り上げです。








0mmで始まる頭皮の白い部分から
上につながるコントラストは
職人の腕の見せ所!




独特な緊張感です♪




















今回のお客さまは
髪質が超直毛の持ち主!





普通にカットしただけだと
『五右衛門』のような状態に
なってしまいます(^_^;)









それがアイロンパーマという技法を
使うことで

今回のように欧米人のような
髪型にすることは可能です。



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5410-1024x683.jpg

 

 



なので今回のお客さまには
『アイロンパーマ』という
特殊なパーマをかけました。



アイロンパーマについては
こちらをご覧下さい。


↓↓↓



 

 

 









 

そんなアイロンパーマ


そしてクロップやスキンフェード。



さまざまな要素から作り上げた
本日のスタイル。



そのビフォー&アフターを
ご覧下さい。




↓↓↓













 

 



いかがでしょうか?


髪が硬くても今回のような
パーマ技法を使うことで

外人のようなくせ毛風の
髪型にすることは可能です。



気になる方は
気軽に聞いてくださいね~(^_^)






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。