髪にハリを出すパーマ

 





年を重ねるごとに
髪のボリュームが無くなってくる。




パーマをかけてクルクルになるのは
嫌だけど
髪の立ち上がりが欲しいんだよな~?




そんなケースのご紹介です。





まずはご来店時の状態から
ご覧下さい。



↓↓↓






ビフォア





















こちらのお客さまは
以前このブログを読まれたようです。



↓↓↓







こちらを読んで頂いた後に
『優しい濡れパンもありますよ~!』
とお伝えしたところ
チャレンジする気持ちになったそうです。






今回のポイントはこちら。



↓↓↓



☑濡れパンほど強くなくて良い!

☑ペタンとした髪に立ち上がりをつけたい!

☑髪を乾かしただけでキマルくらい
セットが簡単!





これらのポイントをふまえて
ゲインのオリジナルカット&パーマを
やってみると・・・。




仕上がりはこちらです。





アフター














おお~!


良いですね。




スキンフェードと
七三がマッチした
精悍なスタイルが完成しました。




















↑↑↑



今回のポイントは
この角度が一番分かるでしょう。




後に解説します。












それではビフォー&アフターです。



↓↓↓


ビフォー&アフター






 
























ここから今回のポイントを
くわしく解説しましょう。





ボリュームを比べて見よう!





まずこちらの画像をご覧下さい。


↓↓↓


 






分かりますか?








 

髪が柔らかく
トップの髪が寝てしまうのが悩み。



そんな悩みを解決するために
髪の根元3mmから
髪が立ち上がるパーマをかけました。



パーマと言っても
クルクルするようなパーマではなく
髪に立ち上がりをつけるパーマ。




どうしても髪が寝てしまう方に
おすすめのパーマです。



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CB5A96C7-6579-4A71-8274-C529FAD31F08-1021x1024-1.jpeg





このパーマの良いところは
『形状記憶パーマ』ということ。




髪のセットって
ヘアサロンでやってもらったときは
良いけど

家に帰ってきてから
セットしてみると
出来なかったりしますよね。







ところが今回の
形状記憶パーマは

シャンプー後にドライヤーで
乾かすだけで

お店でセットしてもらったような
仕上がりになること。






というのも






美容師さんが行うセットと
一般の方が行うセットの
一番の違いは

『ドライヤーの使い方』
だからです。





髪のセットのプロである
美容師さんは

このドライヤーの使い方が
とっても上手なんですね。




このドライヤーの使い方を
分かりやすく伝えたとしても
なかなか難しいのが現実の話。




であれば





ドライヤーをかけただけで
その形を再現出来るパーマをかけちゃおう!
というのが今回のパーマ。











髪に”ハリ”を感じる仕上がりで
さらにイイ男になりましたよね。





気になる方は気軽に聞いて下さいね~!(^^)!




現在の予約状況はこちらを
ご覧下さい。

↓↓↓


予約状況






お問い合わせはこちらの
公式LINEからお願いいたします。

↓↓↓


公式LINE





それでは、また明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。