髪や頭皮の本当のケアとは?

昨日は定休日。

 

お休みを利用して
学びに行ってきました。

 

 

 

 

このブログで以前から
ゲインの今年のテーマは

『ケア』

 

と言い続けてきた。

 

そのケアとは
適切な薬剤コントロールであったり、
薬剤使用後のアフターケア、

それに頭皮ケアや
白髪のケア、

 

育毛ケア、発毛ケア
ということである。

 

 

カットにより
その人の持っている良さを
最大限に引き出すのは
今まで通り続けていく。

 

 

それに加え、

ケアの要素をプラスしていく。

 

 

人間は必ず老いる。

 

 

その時、

 

頭皮や髪も老いる。

 

 

ありがたいことに
ゲインに足を運んでいただいた
お客様はかなりの確率で
またご来店いただける。

 

それは5年、10年と
積み重ねていく。

 

 

オレの考えは
そのお客様を一生支えるつもりで
仕事をしている。

 

 

一生関わっていくと
やがて直面するのが、

 

お客様の頭皮や髪の老化である。

 

その老いた頭皮や髪を
扱うオレたち理美容師が、

 

そのお客様が
20代の時と40代の時とで
同じパーマ液でやっているようでは
いけない。

 

 

同じお客様の髪でも
20代の時の髪と40代の髪では
状態が違うのである。

 

 

一つ例を挙げてみよう!

 

同じ人物で

20代の時にカラーやパーマを繰り返した髪と
50代の時のカラーやパーマをしていない髪とで
どちらがダメージしているだろうか?

 

 

分かるだろうか?

 

 

では答えよう!

 

 

答えは、同じである。

 

 

 

20代の時の健康な髪に
パーマやカラーをやって
ダメージした髪の強さ(強度)と

 

50代になって薄くなったり
白髪になった髪の強さ(強度)は

同じなのである。

 

 

なのに巷のヘアサロンでは
いまだに同じ強さのパーマ液で
施術している。

 

 

だから、ダメージが増すのである。

 

 

それをアフタートリートメントで
どうにかしようとするから
問題が起きるのである。

 

 

正しいのは
強さの適切な薬剤で
正しく施術することである。

 

 

こういう施術をしているから
ゲインではパーマのお客様が多い。

 

 

ただ、そんな薬剤コントロールを
していても不十分なことがあるのだ。

 

 

それがカラーやパーマの時に
必ず起こる活性酸素である。

 

 

活性酸素というと
聞いたことがあるかもしれない。

 

 

この活性酸素の影響で
頭皮や髪が老化するという
マイナスな面がある。

 

ゲインでもこの問題に対応すべく
様々なケアをしていたが、

 

今回革新的なケア剤が
誕生したのだ。

 

 

これによって
今までのカラーやパーマによる
髪や頭皮の老化という面が
完全に払拭できる。

 

 

早ければ8月くらいから
メニュー化を開始する。

 

 

カラーや白髪染め、
パーマをやることで

新しいデザインであったり
カッコよさを手に入れることが出来る。

 

ただその反面、
髪や頭皮に影響があるのは事実。

 

ゲインのお客様の軸は30代。

 

 

このお客様方に

今後30年以上
繰り返し提供していく

 

一生お付き合いする上で
このケアは絶対に外せない。

 

 

そんなケアメニューを
今度始めます。

 

 

始まったらばブログで

お知らせいたします。

 

 

本日も最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。

 

現在の予約状況はこちら。

予約状況

ライン予約はこちら。

ライン予約について

7月1日から一部料金を改正致します。

詳しくはこちらをお読みください。

料金一部改正のお知らせ

BARBER SHOP gain
(バーバーショップゲイン)

【住所】
茨城県北茨城市磯原町木皿911
【ご予約】
090-8857-3883
【定休日】
毎週火曜日、第1.3月曜日
【ホームページ】
http://barbershopgain.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です