今日はとなりの実家のお店に
お客さまが来ました。





その方は福島県郡山市にある

HAIR SALON MITOME(旧美都女美容室)の

オーナーである豊田さん。







豊田さんは、もともと福島県浪江市で

美都女美容室を営まれていました。

 




豊田さんが若い頃

私の父のところに
理容の勉強に通っていたそうです。


 

 

それが2011年の震災で避難を余儀なくされ

ようやく郡山市に落ち着いたそうです。




そのまま引退をしてもおかしくないのに
そこでもう一度、奮起して
お店をオープンしたそうです。



↓↓↓

HAIR SALON MITOME












左から私の母、父、豊田さん。





豊田さんと私の両親と4人で
たくさんお話をしました。





若い頃の話。



子どもの話。



孫の話。



旅行の話。



経営の話。



たくさんのお話の中で
印象に残ったお話があります。




それは『お顔そり』について。



お顔そりの際に行う
細かい部分のムダ毛そり。



目のまわりや首スジのムダ毛。

耳の毛やうぶ毛。



『細かい部分まで
丁寧に仕上げるんです!』




お客さまにキレイになって欲しい!



そんな気持ちが伝わってきました。











そうだよな。
こういうことなんだよな~。
と思います。



これぞ理容師の原点だと思います。





どんなにキレイなお店でも
どんなに技術が上手でも

やる人の気持ちがすべて!!







シャンプーは心で洗うと言います。




シャンプーやお顔そりの技術は
ある意味カットよりも
技術者の気持ちがお客さまに伝わる技術です。





きっと豊田さんのお店を
出る方は

すがすがしい気持ちで
お店を出るのだろうな~
と感じました。





豊田さんから年齢を感じさせない
仕事への情熱と理容業界の可能性を感じました。

そしていくつになっても
おごることのないその姿勢に
私も学ばせて頂きました。






ゲインにもまだまだやることは
たくさんあります。



後悔のないように
人生を歩んでいきます。




それでは、また明日。















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。