AGA治療薬を使わないで抜け毛を防ぐ方法~男の薄毛対策シリーズ⑤

 

 

先日からお伝えしている
男の薄毛対策シリーズ。



前回の記事はこちら。



↓↓↓







前回までは男性型脱毛症(AGA)の
飲み薬についてお伝えしてきました。





今回から2回に分けて
飲み薬(AGA治療薬)を
使わない方法をお伝えします。




それでは、スタート♬






復習の意味でおさらいです。






男性の薄毛の仕組みについて
おさらいしましょう。






↓↓↓

 

 

 

こちらの図は男性の薄毛が
身体の中でどういう流れで
起きるのかを表したものです。




↓↓↓










男性の薄毛の
最も大きな原因は
男性ホルモンです。






 

男性の薄毛の場合、



身体の中にある
男性ホルモンと還元酵素が

くっついちゃうのが
薄毛の最大の原因です。





 

 

 

 

原因が分かれば
その対策をすれば良いということです。















そこで考えられたのが





一番の原因である
男性ホルモンと還元酵素 が
くっつかなければ良いじゃん!!
という考えです。







画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ma02-2.png








というわけで
このくっつくのを
邪魔するヤツが

『フィナステリド』
という成分です。






で、





このフィナステリドという成分が
入っているお薬が『プロペシア』
という内服薬です。












薬を飲むことで
抜け毛が抑えられるということです。

 

 

 

プロペシアは
抜け毛を抑える効果がかなり高く、

改善効果、現状維持効果で
98%の効果があると
正式に認められている薬です。






薄毛を改善するには
まず最初に考えるべきものと
言えます。








しかし!






薬を飲むのは抵抗がある!!




そんな方におすすめするのが
あります。






それを説明します。








もう一度こちらの図を
ご覧下さい。







↓↓↓












先ほどの薬は
男性ホルモンを抑えることで

抜け毛を減らそう
というお薬でした。








画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ma02-2-2.png








しかし!





今回、注目したのは
男性ホルモンではなく

もう一つの原因である
還元酵素(5@リダクターゼ)です。










ここで注目してただきたいのが
こちらです。








↓↓↓







画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ma02-2-3.png






この還元酵素
『5αリアクターゼ』という物質。


男性ホルモンを抑えるのは
薬ですが、



もう一つの抜け毛の原因である
還元酵素5@リダクターゼを
抑えることがある成分を使うことで
可能だと分かりました。




その成分が
葛(くず)の花に含まれる
カイカサポニンⅢという成分です。







これを飲むことで
抜け毛対策や薄毛予防として
効果的なわけです。


これが薬の治療でいう
抜け毛を抑える役割を担います。



この成分が入っているのが
サプリメントが今、注目をされています。








費用は1ヶ月分で税込み4,100円なので
とってもリーズナブル♬







ゲインで取り扱っています!(^^)!







明日は薬を使わないで
髪を育てる方法をご紹介致します。




それでは、また明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。