シャンプーブラシ




毎日自分でシャンプーしますよね。


きちんと出来ていますか?






仕事から帰って疲れていると
ついつい雑なシャンプーに
なってはいませんか?




疲れていると
腕を上げ続けるのも大変ですよね。



私も、そうです(^_^)





そんなあなたにおすすめなのが
『シャンプーブラシ』です。



↓↓↓

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: shs_plus_short_768x768.jpg






髪が薄くなってくると
髪の毛1本1本が細くなってきます。





毛穴の大きさは変わらないのに
髪の毛自体が細くなってしまう。




そうなると・・・、



当然、髪の毛は
抜けやすくなります。





そこで大切なのが
シャンプーの仕方です。






こちらをご覧下さい。






この指頭の部分を
頭皮にしっかりと密着させて

髪の毛をこすらないように
頭皮を揉むように動かすことが大切です。


こうすると細くなった髪の毛を
引っ張らずにシャンプーできるので
抜け毛のリスクも減ります。






この動きを薄くなってきた部分に
やってください。


薄くないところは
こうしなくてもOKです。






このような動きをすると
毛穴がしぼられるような状態になるので

皮脂がスムーズに
取れるようになります。





スゴクおすすめなやり方ですが
一つ言えることは…。

 

めんどくさい!





そう、仕事が終わって
疲れているのに…。

子どもの頭や身体を洗って
忙しいのに…。






この動きをやるって
面倒なんです。






なるべく楽に
そして
頭皮をしっかり洗えるのが
こちらです。








こちらのブラシの凄い所は
このブラシの構造にあるんです。





このブラシは長い部分と
短い部分があるんですが、

長い部分は柔らかい材質で
出来ていて

短い部分は
少し硬めに出来ています。




↓↓↓

心地良さを生み出す段差植毛








長く柔らかい部分で
頭皮の汚れを取ってくれて、

短く少し硬めの部分で
頭皮を適度に刺激してくれる。





こういうブラシで心配なのが
使うことで

逆に頭皮を傷つけてしまうのでは?
と、思うことではないでしょうか?






確かに類似品で
そういう物は多いです。





しかし、
これはそういう心配ありまん。





なぜなら先ほども言いましたが、




このブラシを強めに
頭皮に当てても

ブラシの長い部分が
適度に曲がるので

強めに当てても
ちょうど良い強さに
なるからなんです。





よくあるのが
イボイボの
シャンプーブラシ。

これを使っている人が
いると思います。


↓↓↓

↑↑↑






この粗目の形状だと、
どうしても洗えない部分が
出てきます。





というのも

人の髪の毛は
10万本あります。




一つの毛穴から2~3本
生えている人もいるので

一概には言えませんが、
毛穴だけで5万個くらいはある。





それだけの毛穴に対して
こんな数が少ないイボイボブラシでは
とても洗いきれません。




その点、
このブラシは572個もあるピンが
汚れを見逃さない!




気を付けてほしいのが
このブログを読んで
イボイボのブラシではなく、

通常のブラシのような
シャンプーブラシなら良いんだ!
と思って購入してしまうこと。





類似品をいくつも使ってきた私が

これだ!

と感じた商品です。





 

○抜け毛が心配の方に。

○自分のシャンプーに自信がない方。

○ 頭皮の汚れが気になる方。

○ご年配でシャンプーをするのが疲れる方。




 

おすすめです(^_^)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。