パーマの後には使わない方が良いシャンプー

 





昨日パーマをかけたお客さまから
こんな質問をいただきました。

↓↓↓




『パーマにおすすめの
シャンプーってあるの?』





今日のブログは
この質問について
答えてみようと思います。






パーマって『クルっ』とした
カールがありますよね。


このカールって
言ってみれば重力に逆らって
作られているわけです。





なので
シャンプーやコンディショナーを使った後に
『重くなる』ものはNGです。







とは言っても
実際にシャンプー売り場では

『こちらは”重くなるタイプの”
シャンプーです!』




なんてことは
書いてはありませんよね。








では一体どうやって
見分けるのか?







一つの目安になるのが
この言葉。

↓↓↓

『しっとりタイプ』

↑↑↑







このしっとりタイプのシャンプーに
多いのが

『コーティング成分』







と言ってもシャンプーや
コンディショナーのラベルに

『コーティング成分』 とは
書いていないです。








しっとりするシャンプーや
コンディショナーには

髪の毛の手触りを良くするため
髪の毛を包み込むような
成分が入っていると思ってください。







この髪の毛を包み込む成分により
髪はしっとりとします。



しかし

それと同時に
このしっとりとする成分のせいで
髪が重くなります。






重くなると
どうなるでしょうか?


それは
パーマをかけたカールが
100%の良い状態では
なくなるということです。








先ほどもお伝えしましたが
パーマというのは
重力に逆らって
”浮いている”状態”なわけです。






イメージしてみてください。







浮いているものに
重さが加わったら・・・。







沈みますよね?






これがパーマをかけた髪型に
重くなるシャンプーを
おすすめしない理由です。




ちなみにめっちゃ簡単な見分け方は
コーティング系のシャンプーは
透明ではなくて
濁っています。

 

 

 

ご参考になれば嬉しいです。




それでは、また明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。