刈り上げが本当に出来る人ってどんな人?

先日、TVを見ていたら
ラーメン学校という学校がある事を知った。

 

どうやらラーメン評論家の石神秀幸さんの
作った学校のようだ。

 

その学校はこちら。

食の道場

 

で、なんと!

素人の状態からわずか15日間で
ラーメン店を出店させるという
カリキュラムらしい。

 

お金のことから
スープや麺のことを
叩き込まれるようだ。

 

実際にオレが受けたわけではないので
実際の所は分からない。

 

 

ただこれを自分の仕事に当てはめて
考えて見た。

 

15日間の学びで
お店を出すことが出来るのか?

 

答えは・・・、

 

 

NOである。

 

 

何を持って一人前か
というのは、その技術者による。

 

 

ヘアサロンにおいて
一人前とは何なのか?

 

 

ひと通りの技術が出来て
一人前と言う。

 

 

では、その技術が
広く浅くでも一人前だし、

その技術の範囲が狭く深くでも
その分野に関しては一人前である。

 

 

 

では、具体的にカットが出来る
一人前とはいったい何なのか?

 

 

基本的には
ひと通りの髪型が出来ることが
一人前の定義である。

 

 

では、その髪型の深さという点では
どうだろうか?

 

 

具体的に『刈り上げ』という
髪型で考えて見る。

 

 

刈り上げにもいろいろな種類がある。

 

長めの刈り上げもあれば
極薄の刈り上げもある。

 

 

ひと通りの種類の刈り上げが出来ることで
お客様に
『当店では男性の刈り上げが出来ます!』
ということになる。

 

まぁ、現状ではそこまで出来なくても
『当店では男性の刈り上げが出来ます!』
と言っているお店がほとんどだが・・・。

 

 

でも、そのお店に行ったことのない
素人のお客様にお店の技術の中身までは
分からない。

 

実は、本当に刈り上げの技術がある理美容師かが
分かる質問がある。

 

 

その質問はこれだ!

 

 

『刈り上げで1週間前と1週間後って
切り分けられますか?』

 

この質問できちんと答えられて
その理由も述べられる理美容師は
技術があると思ってよい。

 

 

では、この質問をオレに
向けられた場合、どう答えるか?

 

オレの答えはこうだ。

 

 

『人間の一日に髪が伸びる長さは
一般的に0.3mmです。

 

それが1週間ということは
0.3(mm)×7(日間)なので

答えは2.1(mm)である。

 

この2mmの違いを
切り分けれられるから
出来るという意味なんです。

 

 

では、その理由について
説明をしよう。

 

 

例えば、サイドを5mmのバリカンで
カットしたならば、

 

2mm短いということは3mmなので
3mmのバリカンを使えば良いので
これは簡単である。

 

 

では、ハサミで刈り上げを行う
髪型の場合、どうなるのか?

 

実は、オレが刈り上げを行う場合、
クシを数種類使い分けている。

 

その実際に使っているクシはこれだ。

 

 

このクシはベースカットという
髪型の土台を作る場合に使っている。

 

これに刈り上げを仕上げる時には
また別なクシを使う。

 

というわけで刈り上げのベースは
この6つのクシで行うのだが、
このクシはクシの歯の密度が違うが、

実は厚さも微妙に違う。

 

一番左は4mm。

右に行くにしたがってだんだん薄くなっていき
一番右は0.5mmである。

 

 

オレの刈り上げはこのクシを
使って作る。

 

カットにおいてクシというのは
定規の役割がある。

 

髪の毛を的確に引き出して
切るのだが、

刈り上げの場合、
このクシを使い分けることで
髪の長さの定規の役割も担っている。

↑例えば、前回一番左のクシを
使って刈り上げたとしよう。

 

お客様にこんなオーダーを頂いたとする。

 

 

お客様

『前回よりも、気持ち短めでお願いします。』

 

こういうオーダーを頂いた場合、
オレならばこうする。

 

左から3番目の厚さ3mmのクシを使い
カットする。

 

そうすると前回のカットから1mm短い
刈り上げスタイルが出来る。

 

2mm短いならもっと薄いクシというように
使い分けるのだ。

 

 

これにより

お客様のオーダーに
的確に応えることが出来る。

 

以前、担当させていただいた
お客様にこう言われたことがある。

 

『佐藤さんのカットは本当に
的確です。

 

オレが注文の時に、気持ち短めとか
少し短めと言った言葉を
きちんと切り分けてくれる。

 

他のお店でそう言っても
返事だけで実際にはそうやってもらえない。

 

だから本当にカットが出来る人なんだなぁ~
って思いました。』

 

 

なかなか鋭い感想だった。

 

 

この刈り上げの長さの切り分けには
こういうクシの使い分けの秘密が
あったのだ。

 

 

はさみに興味を持つお客様は
時々いるが、

クシに興味を持つ方はいない。

 

 

でも実際にはこういう秘密が
隠されていたのである。

 

ただ、これらのクシを使えば
誰でも出来るのか?

と言われれば
答えはNOである。

 

その秘密は明日書こう!

 

 

本日も最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。

現在の予約状況はこちら。

予約状況

ライン予約はこちら。

ライン予約について

7月1日から一部料金を改正致します。

詳しくはこちらをお読みください。

料金一部改正のお知らせ

BARBER SHOP gain
(バーバーショップゲイン)

【住所】
茨城県北茨城市磯原町木皿911
【ご予約】
090-8857-3883
【定休日】
毎週火曜日、第1.3月曜日
【ホームページ】
http://barbershopgain

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です