子どもの心を鍛えよう!

大阪ナオミ選手の行動が
ニュースになっていますね。


↓↓↓





試合中に気持ちをコントロールできずに
道具にぶつける・・・。

 

 

私には理解できません。






私も小学校から高校まで
野球をやってきましたが

一度たりとも
道具を粗末に使ったことはありません。




我が家の長男が野球を始めた時
グローブの置き方を教えました。








赤い丸が長男のグローブ
(写真は2年前のもの)






学生時代
思うようにプレーできなくて
グローブを地面にたたきつける人がいました。


バットを投げつける人がいました。







当時から理解できなかったです。








今も大事にしている
高校時代のグローブ。


↓↓↓




右が高校時代のグローブ。左は長男のグローブ。




両親が必死に働いて買ってくれた
グローブ。



特に高校時代に使う
硬式用グローブは高価なもの。




大事に大事に
いつも磨いていました。




スポーツは強ければ良いってもんじゃない。


上手ければ良いってもんじゃない。





こういうことを一つ一つ学るのも
スポーツの良い所じゃやないかな
って思います。



今回の大阪なおみ選手の姿を見て
子どもには見せたくないな~
と思う親は多かったのではないでしょうか?



スポーツはまさに『心・技・体』



心を磨くにはもってこいです。



明日は長男の野球の練習日。
一緒に行くのが今から楽しみです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。