子どもの髪型を決める上で絶対に考えるべきポイント。

 

 

今週は息子たちの通う学校の運動会が
予定されています。










その運動会向けて
我が子たちの髪をカットしました。





 





そんな子どもの髪を切りながら
感じたことを
今日は書こうと思います。

 

 

 

最近の子どもって
昔より長めな髪型が増えたような気がします。






親の好みなのかな?





 

中には長すぎるのでは・・・?
という子もいます。



 

 

 

子を持つ親として思うこと。



そして髪を切るものとして
思うことを伝えたいと思います。





 

 

 

 

 

子どもは小さければ小さいほど
頭も小さいですよね。




 

大人の半分くらい。






そんな小さい頭なのに
でも毛穴の数は
大人と一緒なんですよね。




 

 

頭は大人の半分なのに
毛穴の数は大人と同じって・・・。

 





そうです!






子どもは
めちゃくちゃ汗かきなのです。



 

 

特に




これからの時期
子どもたちはたくさん汗をかきます。






 

そして当然ながら
大人のように汗をかいても
対応出来ないわけで。。






 

 

なのに





長すぎる髪型ってどうなのかな?





って思います。








 

髪型のデザインは大切です。





 

 

しかし、それと同時に
子どもの髪型は
機能的でなくてはなりません!

 

 





子どもの髪をカットしていると
頭皮がトラブルになっていることがあります。





 

首すじに
あせもができている。





おでこに
あせもが出来ている。

 







これ!

 

 

髪をカットすることで
改善されることがあります。




 

 

なのに親の好みで
改善されない。




 

もっと考えてほしいです。



 

 

子どもの髪型って親の好みを
押し付けるものではありません。






 

その子どもの年齢にもよるが
自分できちんとケアが出来るまでは
親がしっかりと考えてあげるべきです。





 

それでは、また明日。




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。