小学生の男の子の寝ぐせの直し方。



今日、学校に行く前に
玄関の鏡を見ていた長男。


よ~く見ると
髪の毛が濡れていました。



寝ぐせを直そうとしたの?

うん。


今までは寝ぐせのままで
学校の通学帽をかぶっていた長男。



それが寝ぐせを直そうとするなんて…。




大人になってきたな~
と思いますね(^^♪




残念ながら寝ぐせは直っていなかったので
今度寝ぐせの直し方を教えようかな~
と思っています。



というわけで
今日のブログは
寝ぐせの直し方を伝授!

 

 

 

本当はシャンプーをする前のように
頭からお湯をかぶり、

充分なお湯の量で
髪の根元まで指をいれて

マッサージをするように
動かすのがベスト!

 

 



しかし、
忙しい朝にこれは無理でしょう。

 

そんな忙しい場合はこちら。

 

 

↓↓↓

 

 

100円ショップに売っている
霧吹きをご用意。

で、

 

この霧吹きで
髪の根元をしっかりと
濡らします。

 

この時に
『髪の根元』
というのがポイント。

 

 

寝ぐせ直しのコツは
毛先をどんなに濡らしても
直りません。

 

なので根元を中心に
濡らすのが大切です。

次に濡らしたタオルを
電子レンジに入れて
1分間温めます。

 

 

1分後、

 

タオルを取り出し
子どもが熱がらない程度に
冷まします。

 

かと言って
冷たくては意味がないので

 

子どもが
『あったか~い(^◇^)』
と言うぐらいがベスト!

 

適温になったら
頭全体に巻きます(かぶせます)

 

30秒間時間をおいたらば
寝ぐせの強かった部分を
揉むようにゴシゴシします。

 

その後は

 

髪の生えている通りに
ドライヤーで乾かします。

 

 

最後に目の粗いクシか
ブラシで梳かしたらば(とかしたらば)
完成です。

 

 

いかがでしようか?

 

 

子どもの寝ぐせ直しって
大変ですよね。

 

朝ごはんからお着替え・・・。

朝から大忙しの
パパさん、ママさんにとって
寝ぐせまで直すのは・・・。

 

 

だから、
自分で寝ぐせを直せるように
教えちゃうのが一番♪

 

 

ぜひ、子どもに伝えましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。