小学4年生の息子に伝えた勉強以外のこと。




仕事が終わった後
長男がお店にやってきました。






お父さん!

この前の夜って
何をやってたの?

あ~あれは、
ここに鏡をつけていたんだよ。

どこ?

ここだよ。





↓↓↓


何でここに鏡をつけたの?

お店のどこかに全身が映る
鏡が欲しかったんだ。


ふつうはさぁ、

髪型って顔に似合っていれば良い
って思っちゃうんだけど

お父さんが思う似合っているというのは
全身のバランスなんだよね。





だから、




お店のどこかに鏡をつけることで
お客さんに見てもらうきっかけを
作りたかったんだ~。

ふ~ん。


でも、



ここじゃなくても良いんじゃない?

そうだね。


確かに、その通りかもしれないね。


ここじゃなくても
お客さんに待合スペースでも
良かったかもしれないね。




でも、お父さんは
待合スペースに鏡があると

お客さんがくつろげないかな
って思ったんだ。

ふ~ん。

あと


何でこの鏡の『木』は
曲がっているの?

良いところに気づいたね(^_^)

この鏡のまわりにある木は
古木』っていうのを
使っているんだ。

古木というのは

古い木と書いて
”こぼく”と読むんだよ。

ふ~ん。

何で新しい鏡に
わざわざ古い木をつけたの?

そうだよね~

そう思うよね(^_^)


一言でいうならば
『味』かな。

味ってなに?

味というのは

例えば

ツルツルした中に
ざらざらしたものがあると目立つよね。


まっすぐなピシッとしたものの中に
曲がっているのがあると目立つよね。



そんなことかな。。

ふ~ん、
よくわかんないな~(^_^;)

そうだよね。

ちょっと難しいよね(^_^;)


今は分からなくても
良いと思うよ。

でも、感じることは
大切だと思うな~。


野球をやる時も
スイミングの時も

”感じる”というのは
大事なんだよな・・・。



今はまだ
”ふわ~ん”とした
感じかもしれないけどね。

ふ~ん、分かった!

いかがでしょうか?



今日のブログは
お仕事とは関係のないことを
書きました。





言われた通り勉強する。

言われた通り野球をする。



大人から見れば
素直で扱いやすい子どもかもしれません。



でも、それだけじゃないことが
世の中にはたくさんありますよね。




今回のようにちょっとしたことを
たった数分でも時間をとって
息子に伝えるようにしています。



ただ、それだけ。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。