技術プロフィール③

こんにちは、たかひこです。


前回までのブログ

↓↓↓


この記事では私の技術は
弟子入りしたところから
始まったとお伝えしました。




ここで理容の技術全般、
そしてフォーマルカット、
ブロースカットという分野について
学びました。





現在、お客さまを施術させて頂いている
技術の背景には

修業時代に伝授されたことが
土台になっているとお伝えしてきました。



そして修業時代、



もう一つ授かった技術があります。



それが
アイロンパーマという技術です。



そう、言わずと知れた
パンチパーマやアイパーのことですね。























長さ数センチ…、時には1cmの髪に
パーマをかけるという技術です。


師匠は、
アイロンパーマの達人でもありました。



そんなアイロン技術にも
私は憧れを持っていました。




理容技術を覚えるには
順番がありまして、


まずは掃除

シャンプー

マッサージ

お顔そり

ドライヤーセット

カット

ブロース
(角刈り)

アイロンパーマ

という風な流れで
技術を覚えていきます。





つまりアイロンパーマや
角刈りという技術は

理容技術において
最終課題とも言えます。





最終課題がゆえに
そこまで到達できない理容師が多いのも事実です。




この業に就いた時、

絶対にオレはそこまで行く!








そう想って
アイロンパーマをトレーニングを
するところまで進みました。








アイロンパーマと言っても
最初はアイパーから勉強します。


しっかりとしたアイロンパーマを
身に付けるのには
きちんとしたアイパーが出来なければ
無理だからです。



アイパーとはカールをつけないで
真っすぐビシッとする髪型。


アイロンパーマとは
カールをつけてビシッとする髪型。

角刈り同様、
また練習の日々が続きます。






そしてモデルをやりながら
失敗を繰り返しながら月日は流れました。




ちょうどその頃、
私は支店を任されました。



歴代の先輩たちが
支えてきたそのお店は

師匠は一切関わらず、
弟子たちだけで
成り立っているお店です。


その場所はに長く住むお客さまが
『このあたりでは、お店が3年続けば長い方…。』
と言われるくらい

あらゆるジャンルのお店が
軒を連ねていました。

そんな街で
20年以上続いているお店なのだから
歴代の先輩たちの凄いな~と感じました。


家賃もすごかったです





なんとお店の家賃は
48万円!




そんな中で私の支店長生活は
スタートしました。



当時は予約制ではなく、
お客さまがご来店した順に
ご案内していくシステムでした。


お店を開けて一日目、
一体どんなお客様が来るのかなぁ~?


私は緊張で足が震えていました。



そんな中
お店の入り口が開きました。



支店長として一発目のお客さまです。


『いらっしゃいませ~』
という言葉を発すると同時に

常連のお客様なら良いな~
と、心の中で祈りました。




姿が見えた瞬間・・・、




初めて見るお客さまでした。


『アイパーできるっ?』

めちゃめちゃ怖そうな
お兄様というかおじさまが
そう言いながら立っていました。



私が勤めていたお店は
駅の近くで



その沿線の中でもその駅は
飲み屋さんが多い町。


おのずと怖い方も多かったのです。




よりによってこの方が
オレのデビューか・・・。

と、血の気が引いていくのを
感じながら




『出来ます!』
と返事をしながらご案内しました。




カットをしている最中、
絶対に妥協しないことを考えながら
はさみとクシを動かした。





というのも
アイロンパーマというと
カットには目がいかないだろうが、
実はカットも重要なのです。




カットの精度が悪い
アイロンがやりにくくなり
仕上がりのクオリティも落ちるのです。


そうしてようやくカットを終え
いよいよアイロン技術が始まりました。


汗を垂らしながら
私はアイロンを握りしめていました。


地肌数ミリのところに160度を超えるアイロンを
持っていくというのはかなり気を使う技術。



一瞬の気のゆるみから
ジュっ!っとアイロンを地肌に
つけたらもう大変です。




『あちー!バカ野郎!!!』
と怒られます。


アイロン技術というのは
めちゃめちゃ怖いのです。



そんな感じで
どうにかこうにか仕上げました。




こんなことを繰り返しながら
支店長時代にアイロンパーマの
実践を行ってきました。




ある程度やっていると
仕上がりも安定してきます。


そうなると私は
こう考えるようになりました。


硬い髪の毛をこれだけ
自由に曲げられるのならば、

もっと違う髪型にも生かせるのでは?



そう考えたのです。




そう、
新たなデザインを求めて・・・。






明日につづく。


BARBER SHOP  gain
(バーバーショップゲイン)

【住所】
茨城県北茨城市磯原町木皿911
【ご予約】
090-8857-3883
【ホームページ】
http://barbershopgain.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です