男のヒゲの似合わせ方




ショパン国際ピアノコンクールで
2位入賞をした反田恭平さんを特集した
テレビ番組『情熱大陸』を観ました。


日本では、「最もチケットの取れないピアニスト」
と言われている反田さん。

ショパンコンクールへの出場は
「傷がつく」と周囲から反対されたそうですが

それでも出たかったのは、
幼い頃からの夢であったことと、
もっと自由に世界に羽ばたくためだったそうです。




そんな反田さんは
ヒゲを生やしています。




ヒゲには2種類あります。




1つは、
直毛のヒゲ。



もう一つは、
くせ毛のヒゲ。






反田さんのヒゲは
くせ毛のヒゲです。






くせ毛のヒゲの良いところは
ピンピンと立たずに
外人のヒゲのような雰囲気になり
カッコイイですよね。







反対に直毛のヒゲは
こういうヒゲです。


↓↓↓





直毛のヒゲは
ピンピンと立って生えてくるので
外国人のような雰囲気には
ならないんですよね。




こういうタイプが
ヒゲを伸ばしていくと
なかなか似合いません。






と言っても


ヒゲの生え方や
毛質なんて変えられませんよね。

そんな直毛タイプのヒゲは

あまり伸ばさずに
短めにすることで
似合いやすくなります。



と言ってもバリカンですべて
同じ長さにしたのではいま一つ・・・。


品のあるヒゲは
長短があってこそ生まれるのです。



具体的には
こんな感じです。



このように
センター部分を一番長く
残すように

長めのバリカンを
使い

両端に行くにしたがって
短めにしていきます。


これにより
お顔が『シュッ!』と
細く見える効果もあります。


まぁ~簡単に言えば
ヒゲもソフトモヒカンに
した方が良いですよ!
ってことです。




自分では難しい方は
行きつけのヘアサロンで
お願いして下さい。





いかがでしょうか?

ヒゲを伸ばしている方は
こまめに手入れをした
ヒゲでないと
女性ウケはよくない。



直毛のヒゲの方は
伸ばし過ぎず

ソフトモヒカンの
バランスで整える。

ということが
ポイントです。



それでは、また明日。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。