男性の縮毛矯正を男性専門ヘアサロンでやったら…。

こんにちは、たかひこです。
ムシムシとした暑さに
体も心も疲れる梅雨の時期。

そんな梅雨時期の大敵と言えば

『くせ毛』



くせ毛は湿気の多い時期には
ますますクセが強くなりますよね。


くせ毛にとって
梅雨は天敵みたいなもの。


さて、

くせ毛にとって
梅雨を乗り切るために
効果的なのが


『縮毛矯正(ストレート)』です。

縮毛矯正って
くせ毛を伸ばすパーマのこと。


真っすぐな髪の人に
クルクルのカールをつける
パーマもあれば、


クルクルのクセ毛の人を
真っすぐにするパーマも
あります。



今日はそんな
縮毛矯正の記事です。



縮毛矯正の技術の流れを
カンタンに説明します。


髪に薬をつける

薬が効くまで時間をおく

お湯で流す

乾かしてアイロンで
クセをまっすぐに伸ばす

伸ばした髪を
固定する薬をつける

お湯で流す

希望の髪型にカットする。


こんな流れです。



ということを
ふまえて読んで下さい。



まずは今回のお客様を
ご覧下さい。


いかがでしょうか?


『えっ、くせ毛なの?』
って思いますよね。


そうなんです、
一見、真っすぐに見えますよね。


でもホントに
くせ毛の持ち主なのです。




シャンプー後の状態です。

濡れると
クセが強く出てきます。



前回は他店で
縮毛矯正(ストレート)を
やりました。



カウンセリングの時
『前のお店では
クセは伸びたんですけど

なんか、真っすぐ過ぎて
嫌でした。

こちらのお店は
男性専門ヘアサロンとあったので
来ました。』



それでは
仕上がりはこちらです。


いかがでしょうか?


縮毛矯正っていうと
どうしても

『かけたて感』もしくは『やりました感』
が出てしまうのですが
今回はそれを極力抑えました。


ではどうやって抑えるのか?


カンタンに言えば
それは髪の毛を伸ばす
薬のパワーを小さくすること!


でも

あまりに小さくすると
クセが伸びないですから

そのあたりの
見極めも重要ですね。


さらに


お客様のクセの性質によって
施術方法も変わります。


今回のお客様のクセは

くせには大きく分けて
2つあります。


こちらの2つです。


平面的なクセと
立体的な(ねじれている)
クセがあります。


で、


一般的な美容室の
縮毛矯正は

この2つのクセを同じ
『くせ毛』として扱います。


でもオレは
別々のくせ毛として扱うんです。



なぜなら


平面的なクセを
まっすぐにするアプローチと

ねじれているクセを
真っすぐにするアプローチは
違うからです。





今回のお客様の場合は
最初にねじれを直す薬を塗って

立体的なくせ毛から
平面的なくせ毛に変えます。


その後


今度は平面的なクセを
真っすぐに直す薬を使うわけです。


こうすることで

薬は最小のパワーで
済みます。


分かりやすく言うと
パツパツの縮毛矯正に
ならないってことですね。



手間と時間はかかりますが
この方法がお客様にとって
ベストだと感じたので
行いました。


そんな工程を行った
今回の施術。

友人に
『縮毛矯正(ストレート)
にしたの?』



って言われない
自然なストレートスタイル。


施術の最後に
『何か質問はありますか?』
と言うと・・・。



『また来ます(^^♪』


と笑顔で帰られた
さわやかな青年でした。



あなたのヘアライフのために!
このブログを書いています。


それではまた明日。





昨日のブログ

『美容室を上手に使う方法



初めての方へ(ご予約について)

現在の予約状況

予約状況の上手な使い方

ライン予約

時間外コース

キャンセル待ちについて

薄毛でお悩みの方に


過去50店以上ヘアサロンを
渡り歩いたお客様に言われた言葉。

『ここで切ってもらったら
他には行けない!』

と、口コミするお店。



それが茨城県北茨城市にある
バーバーショップゲイン。


おしゃれとは無縁で
過ごした野球部時代のオレ。

短い髪でもバランス一つで
ここまでカッコよくなるんだ!
って知りました。

そんな経験を少しでも多くの人に
感じてほしくて
ヘアデザインを学びました。



男性専門にのべ5万人以上の髪を
扱ってきたからこそ

美容室とは絶対的にちがう
バーバースタイルを提供します。




初めての方はこちらを
読んでください。

↓↓↓

①ゲインはこんなお店

②プロフィール

③ご予約について

④進む道を決めた時・・・。

⑤技術プロフィール

⑥オレの根底にある想い

↑↑↑

BARBER SHOP gain
(バーバーショップゲイン)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です