発毛薬『ミノキシジル』の効果はいつまで?

今日のブログは
薄毛を改善したくて
すでに発毛薬『ミノキシジル』を
服用中の方向けのお話。。






なので抜け毛をおさえたい!
とか
育毛剤で髪を生やしたい!
という方はスルーしちゃってください。




それではスタート(^^♪






髪が薄くなってくると
最初に思うのが

『髪を生やしたい!』
ということ。



ただ、注意しなくてはいけないことに
ただ髪を生やせばいいというものではありません。




髪の毛がなるべく抜けないように
髪を生やすというのが大切ですよね。




そういう意味で

抜け毛をおさえる薬を
飲んでいる方も多いと思います。




そして髪を生やすための薬である
『ミノキシジル』を飲んでいる方も
多いと思います。




今日はこの『ミノキシジル』を
飲んでいる方に伝えたいこと。




それは期間があるという事です。




ミノキシジルを飲み始めると



【1~2ヵ月は髪が抜ける。】

これは新しい髪が古い髪を
押し上げるために起こります。
(これは初期脱毛という)




↓↓↓



【3~4カ月は準備期間】

古い髪が抜けて
新しい髪が生える前段階。

早い人ですと
4カ月目くらいで実感する。


↓↓↓


【6カ月~7カ月】

髪が生えてくる。

ここまでくると
誰もが実感してきます。


↓↓↓

【8か月~12カ月】

他人から
『髪の毛増えたよね?』
と言われる。



↓↓↓

【12~16カ月】

この期間は落ち着いている時期です。


↓↓↓

【17~20カ月】

髪の生え方が鈍くなる。


↓↓↓

【21~24カ月】

髪の生え方がかげりが出る。


↓↓↓

【25カ月~】

薬を飲み始めて10カ月くらいに比べると
1~2割くらい髪が減り始める。



この25カ月目以降は
薬に身体が慣れ始めて
今以上には増えなくなります。




そのため薬を飲み始めて
2年以上が経過して

以前よりも髪が減ったな~
と感じる方は

『発毛させたい!』という考え方から
『維持する!』という考え方に
シフトチェンジをする必要があります。



では具体的に『維持する』とは
一体どういうことでしょうか?





『維持』とは



『発毛』のためのミノキシジルを
飲むのをやめて

『抜け毛をおさえる』ための薬
フィナステリドやデュタステリドのみに
することです。




もしミノキシジルを現在、
2年以上飲んでいて

今日の文章があてはまっていたら
お薬を出してくれた病院の
診察を受けることをおすすめします。



それでは、また明日。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です