美容室の刈り上げがしっくり来ていない方は。






美容室で短髪にしてもらうのと
理容室で短髪にしてもらうのと
何が違うの?






今日はそんなお話です。

このブログを書いている
佐藤陽彦(さとうたかひこ)とは


男性専門ヘアサロンを通して
『カッコイイ父親を創る!』をテーマに
全力で向きあう41才の男である。







それでは、2021年1月31日号
行ってみよう~♬







昨日のブログ。

↓↓↓



前回はスキンフェードについて
お伝えしました。







男性の短髪は
美容室よりもバーバー(理容室)の方が
得意と言われています。




もちろん、美容師さんよりも
理容師さんの方が
男性のお客さまの髪を切る機会が
多いからなのですが。





では、理容師さんだからといって
全ての理容師さんが
短髪が上手なのか?


というと
そうではありません。







実は、こう言っている
私自身が短髪の髪型が
苦手だったのです。



私が20代のころのお話です。



理容師のの免許を取得して
お客さまの髪を切っていた私ですが

男性の短髪(ベリーショート)の
髪型が苦手でした。




来る日も来る日も
もがいていた私は
あることを考えました。






短髪が苦手ならば
短髪の技術コンテストに
出ればいいじゃないか…?


って。







おかしいですよね…。






得意な分野の種目に
出れば勝ちやすいのに

苦手な種目に出るって
ふつうに考えたら
おかしいですよね。






だって



短距離が得意な選手が
長距離が苦手だからと言って
長距離の種目に出るのと
同じことです。








私はこう考えたのです。







苦手な技術があるならば
あえてその技術の大会に
エントリーしよう!




大会に出るとなれば
勝ちたいから練習をやる。



練習をすれば
技術は上達するだろう。



と考えたのです。





私が出場した種目は
業界では『ブロース』と呼ばれる
角刈りの大会でした。






練習をして初めて出場した
角刈りの大会。













結果は最下位。








悔しくて悔しくて
毎日練習しました。






当時、努めていたサロンは
営業時間が終わってから
練習をするのですが、


営業後の全体練習の時は
コンテストの練習は禁止。




全体練習の時は
サロンワークの練習をする
というルールでした。




全体練習というのは
大体、夜12時くらいに終わるので

そこからコンテストの練習を
していました。




外が明るくなるまで
練習していました。



休みの日も
コンビニで弁当を買って来て

自分でカットしたウィック
(人形)を見ながら

どうしたらもっと上手くなれるかを
考えました。






あまりにも店にこもっていたので


先輩には
『お前、仙人みたいだな。』
と言われたことも…。





そんな生活をしながら
コンテストに出ていました。




コンテストのエントリー費は
7000円~10000円。



練習するウィック(人形)は
安くても一つ3500円。





お金がなくて
いっつも貧乏でした。






貧乏でしたが
技術への投資、

使う道具への投資は
一度もケチったことはありませんでした。






そんな生活を続けて
2年が過ぎました。






最初に出場して最下位だった
コンテストで優勝しました。










角刈りをきちんと学ぶと
このお客さまには
こんなバランスの短髪が似合うと
瞬時に分かるようになります。






そのバランスを決めるのが
この部分です。






↓↓↓











こういうのって
知ったからといって
すぐに出来るものではありません。






『鍛錬』が必要です。







『鍛錬』とは・・・?





剣豪・宮本武蔵の著した
有名な兵法書である

五輪書」(ごりんのしょ) 」に
こんな言葉があります。

千日の稽古を鍛とし、
万日の稽古を練とす



一千日 (約3年) 一つのことを
稽古し続けることを「鍛」といい、

一万日 (約30年) 一つのことを
稽古し続けることを
「練」というわけです。





つまり、33年かかるわけです。


この業についで
私はまだ23年。














まだまだ先ですね。。







それでは、また明日。





2020年10月1日より
価格改正をします。



↓↓↓



カット6000円
パーマ13000円
カラー11000円
お顔そり別途2000円
時間外料金30分1000円


ただし!


現在、御来店頂いているお客さまは
今すぐ値上げをするというわけではなく、

皆さまにもご理解頂きたいので
1年後の2021年7月1日より
実施とさせて頂きますので
よろしくお願い致します。






【プロフィール】



ゲインオーナー
佐藤陽彦(さとうたかひこ)





過去50店以上ヘアサロンを渡り歩いた
お客様に言われた言葉。

『ここで切ってもらったら
他には行けない!』と、口コミするお店。






それが茨城県北茨城市にある
バーバーショップゲイン。






おしゃれとは無縁で
過ごした野球部時代。




短い髪でもバランス一つでここまで
カッコよくなるんだ!って知り、



そんな経験を少しでも多くの人に
感じてほしくてヘアデザインを学ぶ。







男性専門にのべ5万人以上の髪を
扱ってきたからこそ

美容室とは絶対的にちがう
バーバースタイルを提供します。






この道を選んだキッカケ

プロフィール~根底にある想い

技術プロフィール総集編

ゲインの3つの柱(CHR)

ゲインが出来るまで建物編



ゲインのインスタグラム

ゲインの公式ライン

初めての方へ(ご予約について)

現在の予約状況

予約状況の上手な使い方

ライン予約

時間外コース

キャンセル待ちについて

薄毛でお悩みの方に


BARBER ScHOP gain

(バーバーショップゲイン)

【住所】
茨城県北茨城市磯原町木皿911

【ご予約】
090-8857-3883







































コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です