行動の前の言葉

今日は定休日を利用して
セミナーを受けてきました。


私が受けるセミナーは
大きく分けると技術セミナーと
経営セミなーに分かれます。


で、今日のセミナーは
技術のセミナーでした。


そこで感じたことを
今日は書こうと思います。



技術の内容は置いといて
今日お伝えしたいのは
『口にする言葉』について。



セミナーを受けていると
一緒に受ける方の個性が出ます。



☑少しでも吸収しようとする方。

☑同じ受講者との
 おしゃべりに夢中な方。

☑オレは年だから…、
と言って変化を嫌う方。


何が良い、悪い
ということではなく
それぞれの生き方だと思います。



技術を吸収して
お客さまに還元すれば
お客さまも喜びます。


立場が同業者との話すのが
楽しい人もいると思います。


新しいことに挑戦するのは
気力が必要なので
年齢を重ねていくと
厳しいのも確かでしょう。



でも、
何かをやる前に言い訳を
する大人にはなりたくないな!
って思うんです。


例えば
人前で話す機会があったとします。

で、その時に
上手くいかなかったときの
言い訳として

『オレはあがり症だから』
とか
『人前が苦手だから』
など

あいさつをする前に
失敗した時のための
保険をかけておく・・・。


その言葉を一番近くで
聞いているのは自分なのに。

自分で
失敗する方向に流れを
持っていく…。


仮にそれが謙遜だとしても
同じことです。


そんな大人の下で
育った子どもと

失敗もするけど
常に全力で取り組んでいる親を
見て育つ子ども。


その子が大人になった時に
子育ての結果が
出るのかもしれないですね。


不器用で強引だけど
熱い気持ちで
息子に接していたい。

そう思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です