西武ドラフト1位隅田投手の髪型が惜しい・・・。オレならこうする!!

 




昨日はドラフト会議がありましたね。




今年のドラフトの最多指名は
西日本工大の隅田知一郎投手。


4球団から指名後
西武ライオンズが交渉権を獲得しました。




インタビューに答える隅田投手

↓↓↓




このインタビューの映像を見ていて
私が感じたのは
『サイドのシルエット』です。









このブログの責任者の
佐藤たかひこは


息子から自慢されるくらい
生き方までかっこいい中年男(オヤジ)を
世界に送り出す!をビジョンに

1ヶ月以上先まで予約が埋まり
200km以上離れたところから

『ここに来たら他には行けない!』
とお客さまに言わせる

かっこいいオトコしか作らない男である。








それでは2021年10月12日(火)号
行ってみよう~♬





こちらをご覧下さい。




↓↓↓









サイドの髪がふくらんでいますよね?





この隅田投手の髪質は
直毛で硬い髪なのだと思います。








こんな方が今回のように
サイドをツーブロックにした髪型にすると

どうしても画像の赤丸の部分のように
『ピコンっ』と立ってしまいます。






画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20211011s00001173495000p_thum-1.jpg





もったいない!!








では、



もし隅田投手が
ゲインに来たら・・・。





私は間違いなくパーマをおすすめします!









パーマと言っても
『アイロンパーマ』です。







一般的にパーマは
ある程度髪の毛が長くないと出来ません。




今回の隅田投手のような髪型で
美容室に行って
『パーマをかけたいです!』
とオーダーすると



間違いなく
『もっと伸ばさないと無理です!!』
と言われてしまうでしょう。






では、



今回の隅田投手がゲインに来たら
アイロンパーマという種類のパーマを使って
対応します。








そうすることで
サイドが立ってしまう部分が
キレイにおさめることが可能です。







同じようなケースでの施術例


↓↓↓





このときの記事はこちら。


↓↓↓














私がこの仕事に就いたとき
アイロンパーマという技術を知りました。



当時は


『アイパー』や『パンチパーマ』
という髪型でしか
使われていませんでした。









そんなアイロンパーマですが
私は別な可能性を信じていました。





それは・・・、



『こんな硬くと剛毛な短い髪を
曲げられるのだから

応用を利かせれば
もっとデザインの幅が広がるのでは?』





こう思ったのです。





以来、




営業後にトレーニング、
休日にはセミナーに行き


新しいパーマの薬の勉強や
技術を磨いてきました。






すべてはお客さまのために・・・。








そして今、
アイロンパーマで創る
ヘアライフを手に入れようと

毎月30名以上のお客さまが
来て下さいます。










20代の時、
アイロンパーマの可能性を信じて
良かった!!




あの時があるから今がある。




おかげでたくさんのお客さまの
お役に立てる喜びを知りました。







これからもたくさんの役に立とう!





そしてどんどんカッコイイ男を
世界に送り出していこう♬






それでは、また明日(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です