限界を感じました。悔しいです・・・。

1月もあと2日で終わりますね。


ということは
2022年の12分の1が終わるということ。




オレは先日の1月26日に
42歳になりました。



ここ3年くらい感じていたのが
身体の衰え。




画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: images-49.jpeg





『今までだったらこのくらいは
働いても平気だったのに・・・。』


こんな言葉が頭をよぎります。





といっても
今までと同じように働いているのではなく

今までよりもさらに働いていたので
当然といえば当然の結果。






年は取るのに
働く時間は増えるのだから
身体がキツいのも当たり前なわけで。




今日、仕事終わりに
掃除をしていたら

手が震えていたことに
気づきました。



『あ~オレ、
限界だったんだな・・・。』

と感じた瞬間でした。



自分の力を
見誤っていました。




この震えがあと1時間早く
出ていたならば

お客さまの施術に震えていたことに
なります。



これでは
プロとしてお客さまに接する
クオリティーではありません。



技術におごりがないか
いつも注意していました。


接客におごりがないか
いつも注意していました。


でも、
自分の身体にはおごりがありました。





予約表をアップすれば
夜の時間外までソールドアウト。




そのことで
お客さまの役に立っている
という気になっていました。




しかし
身体は確実に衰えていました。



先月の仕事時間は
月間400時間を超えていました。





高校の時は野球で鍛えて。




仕事に就いてからも
短時間睡眠で仕事&トレーニング。



スタミナには自信があったのに・・・。







すべては気合いと根性で
やってきましたが
自分の体力に限界を感じました。






『ペースを落とそう・・・。』



そう決めました。





全然次元は違うので
こんなことを書くのはなんですが

アスリートが引退を決める時って
こんな心境なのかな?
って感じました。




気持ちではもっとやれると思っているのに
身体がついてこない。


そんな状態です。



ブログを書いていて
自分がこんな心境になっているのが
不思議な気持ちです。




今年、オレが取り組みたいことが
あります。



↓↓↓



 

 

 



お客さまを今以上の姿に
出来る自信がある!


そんな気持ちはあるのに
今の状態では出来ないと感じました。




なぜならば今の自分は
こんな状態だから。



↓↓↓





何かをやろうとしても
入るスペースがない状態。




なので今までよりも
少しペースを落としていくことに決めました。



誰よりも先に
妻に言いました。


身体が限界だ・・・。

今日、掃除の時間に手が震えていた。

もし、この状態でお客さんの
カットやお顔そりをやっていたと思うと
オレはクオリティーを下げてやっていることになる。


少しペースを落とそうと思う。







思うように動けないんだ!







悔しい・・・。







ごめん。。

身体が資本だから良いと思うよ!




ずっとまだやれる!

もっとやれる!



と気合いを入れてやって来ましたが
身体が疲れて思うように
動けなくなりました。





お客さまからご予約の依頼が
あるのに・・・。




目の前に仕事はあるのに・・・。




今までと同じように
動けません。




すいません。



少しペースを落として
体力的にも時間的にも

余力を作って
取り組むべきことに
取り組もうと思います。




画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: db914e17051d795b4e68675ccae04753.jpeg




必ずお客さまの役に立つ
メニューを作りますので
時間をください。


よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。