頭皮の色で薄毛になるかが分かります!




今日のブログは『頭皮』のお話。






身体の疲れから
薄毛になるというお話です。



働き過ぎていつも疲れている方は
ご注意下さい。








頭皮には色があるのを
知っていますか?





実はこの頭皮の色と
健康状態は密接な関係があります。





くわしく説明をしていきましょう。





頭皮の色には
5つの色があります。


↓↓↓

青・赤・黄・白・黒

↑↑↑


この5つのうち
白と黒は特殊なので
ここでは置いておきまして

一般的に多いこの3つについて
お伝えしていきます。


①青

②赤

③黄



まずは青から。


↓↓↓





青といっても
正式には『青白い』が正確なのですが

健康な頭皮は
上の画像のように青白いです。


 

次に『赤い頭皮』について。



↓↓↓




見た感じで赤いのが
分かりますよね。




こういう赤い頭皮は
炎症を起こしている場合になります。






こうなる理由としては

↓↓↓

☑日焼け。

☑トニック、パーマ液、カラー剤。

☑自分で頭皮をかいてしまう人。

☑毛穴に汗をかいてかゆくなる人。





こんな理由があります。



言ってみれば
外からの刺激が原因でなります。







次に黄色い頭皮について。



↓↓↓






黄色い頭皮は
要注意です!!




黄色い頭皮は
基本的に『免疫力が下がっている時に
なります。





☑疲れ

☑ストレス

☑睡眠不足

☑アレルギー




こんな理由で頭皮が
黄色くなります。





言ってみれば
身体の内側が原因でなります。






疲れている場合に
多く起きる症状で

身体の中の胃や腸が弱くなると
起きます。







では、一体なぜ胃腸が弱くなると
こんなことが起きるのでしょうか?







それは胃腸が弱くなると
免疫力が下がるからです。









さらに突っ込みますよ~(^_^)








では、一体なぜ
免疫力が下がるのでしょうか?








それは自律神経が乱れるからです。







自律神経というのは

内臓や代謝、体温といった体の機能を
24時間体制でコントロールしています。









その中でも


①心と体を活発にする交感神経

②休ませる副交感
神経



があります。










この2つがバランスを取りながら、
体を支えています。
 





ですが免疫力が下がると
このバランスが崩れてしまうんです。









では、一体どのようにして
バランスが崩れるのでしょうか?








こちらをご覧下さい。



↓↓↓





↑↑↑

上の図は
健康な人間が寝ているときの
交感神経と副交感神経の動きを
表したものです。



この図を見てみると
2つの神経が同じ深さ、同じ時間で
入れ替わっているのが分かると思います。







つづいてこちらの図をご覧下さい。







↓↓↓




↑↑↑


こちらの図は
免疫力が低い方が寝ているときの

交感神経と副交感神経の動きを
表したものです。







この図を見ると
交感神経が働いている方が
副交感神経が働いているよりも

浅く、短いのが
分かると思います。









つまり・・・、



きちんとした
睡眠がとれていない!

ということです。





その結果


頭皮の下の毛細血管が
正常に働かくなって
髪にハリ・コシがなくなってきます。




では、その毛細血管を
正常に働かせるには・・・?






そして乱れた自律神経を整えるには?









そんなメニュー&ホームケアを
ただいま開発しています!




もうしばらくお待ちください。







それでは、また明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

ミリタリーカット