頭皮カメラで頭皮チェックした後は?

こんにちは、たかひこです。


昨日に引き続き頭皮関係のことを
お伝えします。


昨日のブログ


↓↓↓

こちらの画像をご覧ください。

↓↓↓

この画像はお客さまの
左側の頭頂部を頭皮専用カメラで
撮影したものです。


最近、つむじ付近が
薄くなっているかも!?
という不安から見てほしい
とお願いされたので撮影しました。


この画像から分析しますと・・・。

↓↓↓

☑つむじ付近の方に
髪が細くなりかけている毛がある。

☑密度は変わらないので
薄毛にはなっていない。

0が正常、5が薄毛末期としますと
この方の状態は0.3~0.5くらいのレベル。



対応法は

髪を生やす発毛剤ではなく
髪の毛を太く、ハリ・コシを与える
育毛剤がおすすめ。






それと体の内部から効かせる
育毛サプリがおすすめです。



まずは育毛剤から説明します。



一般的に販売しています
育毛剤はどれも血行を良くするタイプ。




こちらのイラストをご覧ください。

髪の毛をカンタンに
図解したものです。


一般的な育毛剤は
この図の下の方にある毛細血管に
アプローチをして育毛を
しようというタイプです。



『リアップ』などの
発毛剤もこのタイプです。


で、


今回ご紹介する育毛剤は
この毛細血管にアプローチする
タイプではありません。


『バルジ領域』
という部分にアプローチする
タイプです。


一般論では、髪の毛は
毛母細胞が育っていくことで
髪の毛が成長していくと
考えられています。


確かにそうなのですが、
この毛母細胞を作るのが
『バルジ領域』という組織なのです。


つまり


今までは
髪の毛は毛母細胞から
生まれると考えられてきたので

この毛母細胞を活性させれば
髪の毛が元気になる!

と考えられてきました。

しかし、実際にはそうではなく
髪の毛が生まれるのは
”バジル領域”だったのです。



そのため

このバジル領域を
元気にすることが


すなわち


髪を元気にする
ということになるわけです。



そんなバジル領域を刺激する
育毛剤がこちらです。






ちなみに


この育毛剤を使う以上に
薄毛を改善する方法があります。


それは飲むお薬で改善できます。


AGA治療薬というものです。


ちなみにAGAは
男性型脱毛症の略です。





AGAのお薬には
大きく分けて2つのお薬があります。


①抜け毛を抑えるお薬。
②髪を生やすお薬。



この2つです。

まず男性の抜け毛の仕組みについて
説明しましょう。






こちらの図は男性の薄毛が
どういう仕組みで起きるのかを
表した図です。

薄毛の最も大きな原因は
男性ホルモンです。

男性でも女性でも
男性ホルモンはあるのですが、

男性の薄毛の場合、
体の中にある男性ホルモンと

還元酵素という
5@リダクターゼというのが
合体(ジヒドロテストステロン)するのが
薄毛の最大の原因です。

また原因はこれだけではなく
髪の毛の毛根には『毛乳頭』
という組織があるのですが、

この毛乳頭にある
アンドロゲンレセプターと
先ほどのジヒドロテストステロンが
合体して髪の成長を弱らせます。

ちょっと難しい話になりましたが、
要は薄毛の原因は男性ホルモン
ということです。

原因が分かれば
その対策をすれば良いということです。

で、考えたのが

一番の原因である男性ホルモンと
還元酵素(5@リダクター) が

くっつかなければ良いじゃん!!
という考えです。




というわけで
このくっつくのを
邪魔しようと作られたのが

『フィナステリド』
という成分です。


で、


このフィナステリドという成分が
入っているお薬が『プロペシア』
という内服薬です。


薄毛でお悩みの方は
聞いたことがあるかもしれませんね。


薬を飲むことで
抜け毛が抑えられるということです。

プロペシアは
抜け毛を抑える効果が
かなり高く、

改善効果、現状維持効果で
98%の効果があると
正式に認められている薬です。

薄毛を改善するには
まず最初に考えるべきものと
言えます。





このプロペシアはお薬なので
ヘアサロンであるゲインで
扱うことができません。



必要な方には
病院やクリニックを
ご案内いたします。




しかし、

『お薬を飲むのはちょっと抵抗がある…。』


そんな方におすすめの方法があります。







ここでもう一度髪の毛が抜ける仕組みについて
復習しましょう。





こちらをご覧下さい。

男性の抜け毛の原因は
2つあって

①男性ホルモンが
『5αリダクターゼ』というのと
合わさって『脱毛ホルモン』という
のに変化します。

②次に脱毛ホルモンと
『アンドロゲンレセプター』と
合わさって髪の成長を弱らせます。


この2つが薄毛になる原因です。


薬による治療は
この男性ホルモンを抑えるのが
狙いなので効果が高いんです。

ここで注目してただきたいのが
こちら。

この還元酵素
『5αリアクターゼ』という物質。


男性ホルモンを抑えるのは
薬ですが、



もう一つの抜け毛の原因である
還元酵素5@リダクターゼを
抑えることがある成分を使うことで
可能だと分かりました。




その成分が
葛(くず)の花に含まれる
カイカサポニンⅢという成分です。


これを飲むことで
抜け毛対策や薄毛予防として
効果的なわけです。


これが薬の治療でいう
抜け毛を抑える役割を担います。



この成分が入っているのが
こちらのサプリメントです。

1カ月で4100円(税込み)




ゲインで取り扱っています。



体の内側と外側から効果的に
アプローチをすることで
薄毛になるのを出来るだけ
避けましょう。


分からないことは気軽に
聞いて下さいませ(^^♪



それでは、また明日(^◇^)

ゲインのインスタグラム

↓↓↓

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 20161117instagram.jpg です


ゲインの公式ラインアカウントを始めました!



初めての方へ(ご予約について)

現在の予約状況

予約状況の上手な使い方

ライン予約

時間外コース

キャンセル待ちについて

薄毛でお悩みの方に




【プロフィール】

ゲインオーナー
佐藤陽彦(さとうたかひこ)



過去50店以上ヘアサロンを渡り歩いた
お客様に言われた言葉。

『ここで切ってもらったら
他には行けない!』

と、口コミするお店。



それが茨城県北茨城市にある
バーバーショップゲイン。


おしゃれとは無縁で
過ごした野球部時代。

短い髪でもバランス一つでここまで
カッコよくなるんだ!って知りました。

そんな経験を少しでも多くの人に
感じてほしくてヘアデザインを学びました。



男性専門にのべ5万人以上の髪を
扱ってきたからこそ

美容室とは絶対的にちがう
バーバースタイルを提供します。

BARBER SHOP gain
(バーバーショップゲイン)

【住所】
茨城県北茨城市磯原町木皿911

【ご予約】
090-8857-3883










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です