黒染めしたのにしばらくすると茶色になるのが嫌!



先日からシリーズで書いています
男の白髪染めシリーズ。


前回の記事はこちら。

↓↓↓


今日の内容はこちら。

↓↓↓


『黒く染めた後、しばらくしても
茶色にならない白髪染め』

 

 

こちらについて
お伝えします。




白髪染めって日にちが経ってくると
黒染めしたのに茶色になっちゃうんだよな~
と、感じたことはないですか?





実は、ここがポイントです。






くわしく説明しますね。



髪の明るさの見本です。



上の写真は髪の明るさを表したものです。




一番左が黒い髪色、一番右が白色の髪色。


例えば、赤い矢印の黒色の髪に
白髪染めをしたい場合


間違いやすいのは
白髪に黒い色で染めているだけ!
と勘違いしている方がとても多いです。



白髪染めの黒染めでは
仕上がりが黒でも

黄色の矢印の部分まで
一度明るく(ブリーチ)してから

青い矢印の部分まで
黒の色を入れて仕上げます。



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421-4-1024x436.jpg




黒染めをしていても
日にちが経つと
茶色になってしまうのは

染めた黒い色が抜けて来て
下地の明るい色が表面に
出てくるから起こるのです。





ということは
明るくしないで黒く染まるカラー剤を使えば

黒染め後、
時間が経っても

茶色にはならない
ということですね。






そんな特殊な白髪染めにも
対応しますので

黒染めをしたいけど
しばらくして
茶色になるのが嫌だな~

という方は
気軽に相談して下さいね!(^^)!



それでは、また明日。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。