黒染めをしても時間が経つと茶色になるのが嫌な方の対応法。


先日お客さまから
こんな質問をいただきました。




↓↓↓







ウチの会社の上司で
白髪染めをしているようなのですが

染めたては黒いのですが
しばらくすると茶色になっているんです。

あれって何で黒染めなのに
茶色になっているんですか?


オレも白髪が増えてきたので
白髪染めをしたいんですけど

その上司みたいには茶色には
したくないんで
迷っているんですよね~。






↑↑↑



なかなかするどいお客さまですね。





この方がお話をされるように
一般的な白髪染めは
黒く染めても時間が経つと茶色になります。





今日のブログは
このあたりに仕組みについて
お伝えしていきます。





画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_8586-945x1024-2.jpg








白髪染めって日にちが経ってくると
黒染めしたのに茶色になってくる・・・。







この日にちが経つと
がポイントです!








くわしく説明しますね。







こちらの写真をご覧下さい。



↓↓↓



髪の明るさの見本です。

上の写真は髪の明るさを表したものです。




一番左が黒い髪色、
一番右が白色の髪色。


左に行くほど暗くて
右に行くほど明るくなります。










例えば、




赤い矢印の黒色の髪に
白髪染めをしたい場合





間違いやすいのは
白髪に黒い色で染めているだけ!


↑↑↑


こんな勘違いしている方が
とても多いです(゚▽゚*)








白髪染めの黒染めでは
仕上がりが黒でも

黄色の矢印の部分まで
一度明るく(ブリーチ)してから

青い矢印の部分まで
黒の色を入れて仕上げます。





画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421-4-1024x436.jpg




黒染めをしていても
日にちが経つと
茶色になってしまうのは


染めた黒い色が抜けて来て
下地の明るい色が表面に
出てくるから起こるのです。




ちなみに市販の白髪染めが
痛むというのは


この明るくするブリーチが
必要以上にされるからです。






日本人の髪の明るさと
ダメージは比例します。






黒染めは表面的には
黒いのでダメージは少なそうですが

髪の内部ではこのようなことが
起きています。





黒染めであっても
明るくする以上髪のダメージはあります。




また市販の白髪染めであれば
先ほどの図で表したように

明るくする度合いが大きいので
ダメージはさらに大きくなります。





黒染めをしたいけど
しばらくすると
茶色っぽくなるのは嫌!


という方に行っている
ゲインの黒染めはこちら。


↓↓↓





明るくならない黒染め

行っています。






白髪染めの染まりは
少し落ちますが、

年齢とともに
細くなっていく髪に

少しでもダメージがないように
考えた薬剤を
独自に取り寄せて使っています。



↓↓↓




お客さまが
『白髪染めをこのようにしてくれ!』
とオーダーしたわけではなく

私の方からご提案して
このようにしています。





お客さまの髪型、髪質、悩みから
これがベストという処方と技術で
対応します。


それでは、また明日。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。